サッスオーロ、逸材FWスカマッカをアスコリへレンタル

写真拡大

サッスオーロは14日、U-21イタリア代表FWジャンルカ・スカマッカ(20)をセリエBのアスコリへ1年間のレンタルで放出したことを発表した。

ローマの下部組織出身のスカマッカは、ユース時代から将来を嘱望されていたが、トップチームに昇格せず、2015年1月にオランダの名門PSVへ移籍。リザーブチームのヨングPSVで経験を積むと、2017年1月にサッスオーロへ完全移籍。

サッスオーロでは、2018年10月のナポリ戦でセリエAデビューを飾ったが、2018年1月にセリエBのクレモネーゼに武者修行に出されるなど、なかなかリールのトップチームに定着できず。ズウォレへレンタル加入した今シーズンは、エールディビジで8試合の出場に留まっていた。

また、U-21イタリア代表は19歳の頃から飛び級で選出。5月にポーランドで行われたU-20ワールドカップのイタリア代表にも選ばれており、5試合で2ゴールを記録していた。