夏といえばやっぱり浴衣♪ 価格が手頃でいろんなショップから発売されていることもあり、普段使いしやすい和装として身近なアイテムになってきています。

ふだん着慣れない浴衣はどうしても着付けに気を取られますが、実は肌着も大切なポイント。浴衣が白地や淡いカラーの浴衣だと、下着が透けてしまうことも!

上半身には「肌着」、下半身には「腰巻」を身に着けて、きちんと感のある透けない浴衣コーデでお出かけしましょう♪

浴衣の肌着は下着が透けるのを防ぎ、汗を取ってくれる効果も

着用アイテム詳細

見た目は涼しげな浴衣ですが、身に着けるとけっこう暑さを感じてしまうもの。かと言ってブラとショーツだけで浴衣を着ていると、薄い色の浴衣でしっかり透けて見えてしまっている人をよく見かけます。

浴衣の肌着や腰巻は透け対策になるだけでなく、汗を吸い取って浴衣がべたつかないようにしたり、着崩れを防ぐ効果も。

暑くてもキチンとインナー対策をしておく方が、スッキリきれいに浴衣を着こなせます。

和装用の肌着とブラで浴衣を美しく

浴衣の下に着る肌着で一番いいのは、和装用の肌着。襟元が大きく開いたTシャツなどでも対応できそうですが、大きく開いた袖(身八つ口)から半袖が見えてしまい、あまりスマートに見えないことも。

浴衣の場合は胸が大きいと太って見えるので、和装用のブラやパットがないスポーツブラなどがおすすめです。

下半身の透け対策に欠かせない腰巻はステテコもおすすめ

上半身よりも透け対策に気を付けたいのが下半身。特に白や薄いカラーの浴衣は注意が必要です。レギンスやスパッツを代用する人もいますが、薄い浴衣だとくっきりレギンスが映ってしまう場合も。

下半身用の下着は腰巻といい、すそよけとも呼ばれるラップ型のインナーですが、最近人気なのが浴衣用のステテコ。腰巻よりも動きやすく、太ももの内側の汗を吸い取ってくれます、

楊柳などの薄くてサラサラしたステテコは、透け対策や汗とりインナーとして効果バツグン!

スリップなどで代用する場合は、綿やポリエステルなどの通気性のいい素材がおすすめです。