ダサいを通り越して逆にすごいね…男が震えあがる「ダメダメコーデ」

写真拡大

上手にコーデできずに悩んでいませんか?一つ一つのアイテムはオシャレなトレンドであっても、コーデがうまくいっていないとダサ見えするもの。まずはどのようなコーデがダサいのか確認してみましょう。そこで今回は、男が震えあがる「ダメダメコーデ」を紹介していきます。

(1)柄×柄

『どうしたら、その組み合わせが合うと思ったのか疑問』(31歳/人事) 「ダメダメコーデ」にありがちなのが、柄に柄を合わせるコーデ。もちろん柄×柄でもオシャレにキマりますが、かなりの上級テク。 コーデがいまいちわからないという人は、柄を一つ取り入れたのなら、それ以外は無地にすることが鉄則。小物も柄を邪魔するものではなく、シンプルなものを合わせるようにしましょう。

(2)体型にサイズが合っていない

『自分の体型知らないのかなっていう人』(28歳/公務員) 自分の体型サイズに合っていない服は、どんなにオシャレなコーデをしていても「ダメダメコーデ」。ピチピチやダボダボなど、シルエットがおかしいとダサく見えるもの。 また自分の体型が分かっておらず、太って見えるデザインを選んでいることもあります。まずは自分の体型を把握して、見せる部分と隠す部分を知ることが必要です。

(3)色がうるさい

『色々な色を使いすぎってダサい子あるあるじゃない』(30歳/証券) ボトムス、トップス、靴、バッグ、アクセサリーすべての色が違えばうるさいコーデになります。統一感がなく、バラバラな印象になるので「ダメダメコーデ」。 色は、2〜3色に抑えるようにし、全体的に同じ色味で揃えましょう。バッグや靴を同じ色にするだけでも、まとまりのあるコーデになりますよ。

(4)系統が違うものを組み合わせている

『とりあえず目についたものを着たみたいなバラバラの人』(27歳/商社) ミックスコーデが流行っていますが、上手にコーデしなければ、ちぐはぐな「ダメダメコーデ」になります。たとえばエレガントな服にカジュアルな服を合わせるなど、カジュアルダウンしたいのはわかりますが、あまりにもチグハグ。 他にも、季節感が違う組み合わせもNG。夏のトップスに冬のスカートを合わせれば、季節感が違うので違和感があるコーデになります。 上手にコーデがまとまらない場合は、まずは統一感を持たせるようにコーデしてみましょう。そしてシルエット全体を確認することが大切。「ダメダメコーデ」になっていないか、まずは確認してみて。(恋愛jp編集部)