ちょっともう…無理かな。男性が「未読や既読スルー」する4つのホンネ

写真拡大

色々と試行錯誤を続けているのに、意中の彼からLINEの返信がなかなか来ないと悩んだ経験はありませんか?少し怖いけど、男子の心理をのぞいてみることでこれからのコミュニケーションに役立たせましょう。

(1)頻度が多い

『連絡頻度が高いとめんどくさくなってしまう』(28歳/営業)男子よりも女子の方が、連絡頻度が高くなるのが世の常です。アナログ・デジタルを問わずおしゃべりが大好きなのが女子という生き物なら、苦手であることが多いのが男子という生き物。女子からの頻度に圧倒されてもはや連絡を立ちたくなる気持ちを抱える男子は、かなり多いです。まずは彼の頻度をチェックしてマイペースに連絡ができるように配慮しましょう。

(2)返信内容がわからない

『ひとりごとみたいな内容のLINEってどう返信すればいいの?』(30歳/コンサル)「今日の晩御飯超美味しくて、テンション上がった!」と連絡をすれば、女子友達なら「めっちゃいいじゃん!何食べた?」と返してくれるでしょう。これ会話のキャッチボールの第1球として投げたはずのボールですが、男子にとったら「、、、え?だから?」と返答に困ってしまったりします。心の中で「なんでいちいち報告するの?意味あること言ってー」と嘆いていたりもします。男子には明確に返信方法がわかるLINEを心がけましょう。

(3)興味がわかない

『全然興味のわかない話ばかりされてるとこの子とは合わないなって感じる』(28歳/マーケティング)「今やってるドラマがおもしろくてさ〜」とか「可愛いワンピ買ってテンション高め!」なんて送っても、男子は何も感じません。唯一感じるとしたら「この子と話し合わないわ」くらいでしょうか。それほど男子と女子のテンションが上がる”世界”は異なるのです。男子にムリに合わせる必要はありませんが、2人ともにテンションが上がる分野を見つける努力は必要です。

(4)LINEが嫌い

『元々LINE苦手だからあんまり長いことやりとりしてられない』(29歳/不動産)そもそも論になってしまいますが、少なくない男子が「LINEは苦手」と感じています。LINEするなら電話で済ませたい、と感じる男子も多く要するに「端的に連絡を終えて自分の世界を楽しみたい」と感じているのです。そんな狭き門とも言える男子の世界に入るためには、不必要な連絡は絶って、関係を築くにはリアルか電話を勝負の場とする心構えが必要なのかもしれません。男子の特徴を知って、あの手この手を試してみましょう。「どうやって連絡取るのが好きなの?」と思い切って聞いてみるのも、いいですね。(恋愛jp編集部)