三田尚希が八戸史上初ハットを含む4発の離れ業! 上位の讃岐を撃破《J3》

写真拡大

明治安田生命J3リーグ第16節の7試合が14日に各地で行われた。

八戸はカマタマーレ讃岐とホームで対戦。八戸が4位の讃岐を本拠地ダイハツスタジアムに迎え撃ったこの試合は、三田の独壇場となる。

13分に谷尾の折り返しから八戸に先制弾をもたらした三田は、続く31分に自陣からのロングフィードから追加点を挙げると、その4分後にハットトリックとなる3ゴール目をマーク。勢いが止まらずの三田は、41分にも左サイドの佐藤が上げたクロスからヘディングシュートを決め、八戸が4点リードに成功する。

前半だけで4得点の離れ業を披露した三田の活躍で早々に試合の行方を決定づけた八戸は、45分に1点を返されたが、82分に73分から途中出場の上形がチームの5点目をマーク。三田のクラブ史上初となるハットトリックを含む4得点の大活躍で快勝した八戸は、連敗を「2」で止めた。

◆明治安田生命J3リーグ第16節

7/13(土)

いわてグルージャ盛岡 0-3 藤枝MYFC

SC相模原 3-3 FC東京U-23

7/14(日)

ヴァンラーレ八戸 5-1 カマタマーレ讃岐

福島ユナイテッドFC 2-1 ガンバ大阪U-23

アスルクラロ沼津 1-1 ザスパクサツ群馬

AC長野パルセイロ 0-1 ガイナーレ鳥取

Y.S.C.C.横浜 1-2 ブラウブリッツ秋田

セレッソ大阪U-23 2-1 ギラヴァンツ北九州

ロアッソ熊本 2-1 カターレ富山