昨今、空前の担々麺(坦々麺/担担麺)ブームと言われています。担々麺はもともと中国四川の麺料理が発祥。元々は、スープの入らない汁なし麺ですが、日本では独自に進化を遂げ汁ありの担々麺が主流となっています。

 

以前は数かぞえる程度しかなかった担々麺専門店ですが、最近ではじわじわと数を伸ばし中には有名グルメガイドで1つ星を獲得した名店も。そこで今回は、専門店に行かずとも家で手軽に味わえるインスタントの担々麺を紹介します。

目次

特許取得済み製法の麺を使用!マルちゃん正麺 カップ うま辛担担麺 全粒粉入の麺で楽しめる!日清 麺職人 担々麺 健康と美味しさを重視する人に◎!ニュータッチ T’s NOODLE 担担麺 茹でたてのおいしさを再現!ニュータッチ 凄麺THE・汁なし担担麺 ユーザーから大絶賛の声多数!日清の担々麺

 

特許取得済み製法の麺を担々麺でも味わえる

マルちゃん正麺 カップ うま辛担担麺

お湯を入れるだけで、いままでにない食感の生麺のような食べ応えを可能にした「マルちゃん正麺カップ」の担々麺です。今年に入って、麺がさらになめらかにほぐれやすくリニューアルされ、生めん的な粘りコシのある食感が特徴。ポークエキスをベースに、白味噌、練りごまなどを加えた濃厚でコクのある胡麻味噌ベースの担担スープに仕上がっています。花椒やラー油などで痺れるような麻辣味を楽しるのが特徴。

 

ユーザーからは「インスタントじゃないおいしさを楽しめました」「飲食店で出されても違和感のないレベル」と高評価。そのほか「野菜を足すとさらにおいしくなりました」との声も。

 

小麦の風味が香る全粒粉入の麺が楽しめる

日清 麺職人 担々麺

「日清 麺職人 担々麺」は、ごまの香りが特徴の担々麺。麺には、全粒粉を練り込んだ小麦の風味が香るノンフライ麺を採用しました。全粒粉は、小麦の外皮をなどをまるごと挽いたもので食物繊維や鉄分、ビタミンB1を含む小麦粉の一種です。そんな全粒粉を麺に練り込むことで、小麦本来の風味とおいしさがさらにアップしました。

 

ユーザーからは「スープの旨みは普通のカップ麺にはない、ちょっと深みすら感じる味」「麺はインスタントっぽさを感じさせないおいしさ」と高く評価されているようです。

 

健康と美味しさを重視する人にぴったり

ニュータッチ T’s NOODLE 担担麺

動物性食材を一切使用しないレストランとして有名な東京・自由が丘の「T’s レストラン」とのコラボ商品。動物性食材はもちろん、化学調味料とアルコールも一切使用していないカップ麺です。麺はツルツルとした食感が自慢のノンフライ麺で、スープが飛び跳ねづらいように長さを短めにカット。スープには2種類の練りごまを使い、しっかりと胡麻の香りとコクを感じられるまろやかな味わいに仕上げました。カロリーも1個216kcalと控えめなので、健康と美味しさの両方を重視する方にオススメの一品です。

 

茹でたてのおいしさを再現した凄麺から担々麺が登場

ニュータッチ 凄麺THE・汁なし担担麺

「凄麺」の強みである茹でたての旨さを最大限に活かし、お店で食べるような本格的な汁なし担々麺をカップ麺で再現した一品。モチモチとした食感とコシの強さが自慢の極太麺は、通常より30%増量で食べ応え十分。味の決め手となるタレはねり胡麻とすり胡麻のW配合で、胡麻のまろやかさと香ばしさがしっかりと感じられます。

 

別添の唐辛子と花椒のふりかけを混ぜ合わせれば、痺れる辛さがやみつきになる味わい。ユーザーからは「コシのつよいノンフライ麺で食べごたえがある」「ねぎを追加するとさらにおいしい!」との声も。

 

ユーザーから大絶賛の本格派担々麺

日清の担々麺

「日清の担々麺」は、日清のこだわり素材シリーズ。「2種のごま(練りごま・すりごま)、花椒と唐辛子」を使用した、ごまの風味と唐辛子と花椒の辛味がきいたスープとつるみのある、しなやかな麺が特徴です。

 

ユーザーからは「とにかく本格的で美味しい。ちょっと小腹が空いた時やおやつ、夜食に最適です」「この価格帯のカップラーメンでは断トツでおいしい」「家族も太鼓判を押す大満足の商品」と高評価。その一方で「量が少なすぎるので増量希望」との声も。

 

目次に戻る