ブラジル代表エヴェルトンがグレミオ退団へ…移籍先有力候補はアーセナル

写真拡大

グレミオに所属するブラジル代表FWエヴェルトン(23)が今夏の退団を示唆する発言をしている。ブラジル『GloboEsporte』が伝えている。

エヴェルトンは13日に行われたブラジル・セリエAのバスコ・ダ・ガマ戦の後、ミックスソーンでインタビューに応じ「18日のバイーア戦(コパ・ド・ブラジル準々決勝2ndレグ)に出るか分からない」とコメント。10日の1stレグの後には「ヨーロッパからのオファーはある」にとどめていた同選手だが、このたび移籍の意思があることを示した。

エヴェルトンにはマドリッド勢やミラン、マンチェスター・ユナイテッド、バイエルンなどが興味。『GloboEsporte』によると、スペインクラブが3500万ユーロ(約42憶6300万円)の移籍金に1000万ユーロ(約12憶1800万円)のボーナスを加えた内容のオファーを出したと言われている。

しかしその移籍金に関する事項が複雑で、全体の50%がグレミオ、残りが代理人や古巣のフォルタレザに分配されると、事細かく分けられているようだ。同メディアはこれが移籍の障壁になっていると伝えている。

今年のコパ・アメリカ優勝メンバーであるエヴェルトンは今季はここまでグレミオでの公式戦12試合で6ゴールを記録。同大会では全6試合に出場し3ゴール2アシストとMVP級の活躍を残した。

なお、現在最もエヴェルトン獲得に近いのはアーセナルと言われており、すでに代理人やクラブとの交渉に入っている模様。それでもブラジル代表FWを巡ってはまだまだ争奪戦は繰り広げられる模様で、目が離せない状況となっている。