投手での復帰も待望されるエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

写真拡大

名打者も「打者専念」を提言も…米名物コラムニストは「ノーと言いたい」

 エンゼルスの大谷翔平投手は、打者に専念するシーズンの後半戦を迎えている。昨年10月に右肘靭帯再建手術(通称トミー・ジョン手術)を受け、5月7日(日本時間8日)の敵地タイガース戦で復帰した今季も持ち前の長打力を生かして活躍中だが、米名物コラムニストは「エンゼルスは常に『投手・オオタニ』により価値を置いている」と主張。打者専念論も浮上する中、「投手・大谷」がより重要と分析している。

 ここまで投手としてリハビリ中であることを忘れさせるような活躍を続けている「打者・大谷」。マイナーでの実戦出場を経ず、ほぼ“ぶっつけ本番”で復帰しながら、55試合出場で打率.298、14本塁打、38打点と活躍している。打者としてのあまりの優秀さから、メジャー通算521本塁打の元内野手、フランク・トーマス氏は打者に専念することを提言。米メディアやファンの間でも「打者専念論」が高まりを見せている。

 だが、二刀流の男の価値は投手にこそあると主張する男がいる。米経済誌「フォーブス」の名物コラムニスト、バリー・ブルーム記者だ。オールスターウィーク中のクリーブランドで、Full-Countにこう激白した。

「打者専念論についてはノーと言いたい。基本的に彼は投手として来季復帰する。そこで投手としてどこまでできるのか証明するはずだ。個人的な意見でもあるが、メジャーで投手として通用するならば、その選手は投手だ。打者ではない」

 MLB公式サイトのコラムニスト時代、日本ハムに在籍していた大谷に2度、単独インタビューを行っているブルーム記者は、昨年開幕直前のスプリングトレーニングでの大谷の防御率27.00、打率.125という不振から、ルーキーイヤーの成績を「投手として5勝8敗」「本塁打は5本以下」と予想。その後、自らのコラムで辛口評価を撤回する手のひら返しを見せていた。

「エンゼルスの首脳陣は常に『投手・オオタニ』により価値を置いている」

 そんなブルーム記者はクオリティの高い先発投手の不足が顕在化しているMLBの事情から、優秀な投手としての価値の方が高いと主張するが、チームもスラッガーとして圧巻の活躍を続ける大谷の二刀流復活ロードをフルサポートしている。

「エンゼルスとしては再び投手として輝けるかどうかを見極めるのが最優先。それがチームとしての計画。完全にトミー・ジョン手術から復帰して、他のリハビリや治療でスプリングトレーニングまで腕の強度を取り戻すことができるのか。健康になって来季開幕まで間に合うのか。この手術をした後には経過観察が必要だ。まだ彼は25歳。願わくば、他の多くの投手同様に、トミー・ジョン手術から完全復活してもらいたい。再び偉大な投手になってほしい」

 こう語ったブルーム記者は、エンゼルスも二刀流の男の「投手・大谷」の方に重きを置いていると主張する。

「彼には投手として完全復活を成し遂げる可能性もある。私の知るところでは、エプラー(GM)や首脳陣は常に『投手・オオタニ』により価値を置いている。打者としてではない。打者はあくまで付加価値なんだ」

 100マイル(約161キロ)以上の剛速球と宝刀スプリットで空振りの山を築く「投手・大谷」が、「ビッグフライ」を連発する「打者・大谷」より貴重とチームは評価しているというのだ。

 もっとも、「付加価値」の方の能力にも底が見えないと、ブルーム記者は認めている。

「それでも、打者として大活躍している。大谷は最初の1か月以上欠場して、そこから5月7日に復帰した。最初の6週間ぐらい休んでいる。大谷の今の打撃成績は序盤戦で欠場したことを如実に示している。どこまで成績を伸ばしていくかわからないね。とにかく、私は二刀流復活を心待ちにしているんだ」

 2020年に再び解禁となる二刀流。昨季はベーブ・ルース以来100年ぶりの偉業として、米国にセンセーションを巻き起こした大谷の挑戦再開を、名物コラムニストも心待ちにしている。(Full-Count編集部)