レンジャーズ・秋信守【写真:AP】

写真拡大

140キロのカットボールを右肘とベルト付近でがっちりキャッチ

■アストロズ 7―6 レンジャーズ(日本時間14日・アーリントン)

 レンジャーズの秋信守外野手が13日(日本時間14日)、本拠地アストロズ戦で受けた“珍死球”が話題になっている。仰け反りながら右肘で死球をキャッチした珍プレーをMLB公式サイト内の人気コーナー「Cut4」が伝えた。

 5-5の7回。2死走者なしの場面で第4打席を迎えた秋信守。アストロズ左腕マイナーが投じた87マイル(約140キロ)のカットボールが懐に。秋信守は逃げるように仰け反ったが、ボールは右肘とベルト付近にがっちり収まる“死球キャッチ”となった。

 MLB「Cut4」は「彼は二塁まで行くべきだ」とコメントを添え、動画を公開。珍プレーとも好プレーともいえる珍しい光景にファンも驚きの声を上げていた。

「テニスボールでしたことがある」

「エルボーパッドを付けててよかった」

「チュ・シンスは史上ベストなプレーヤーだ」

「なんで?」

「すごいアクシデントだな」

 この日、秋信守は初回に15号先頭打者ホームランを放つなど3打数1安打1打点、2得点と1番打者としてチームに貢献したが、まさかの死球は予想外だったようだ。(Full-Count編集部)