竹内力の力祭が凄すぎと話題 土砂降りでもファンサービス満載

写真拡大

雨すら許さない帝王に「さすが漢の中の漢」

7月13日、竹内力(55)が京都駅ビルの室町小路広場でトークショーを行った。トークショーは同日中に二部制で行われた。そのステージに、観客から歓喜の声があがっている。

《竹内力さんカッコ良すぎだろ!》

《通り雨でステージ周辺が土砂降り。竹内力さん待ちが若干苦行と化したものの、ようやく雨は収まりました。さすが漢の中の漢!》

《めっちゃ歌い上げてる!》

《格好良過ぎて言葉を失ったね》

京都伊勢丹では7月23日まで、竹内とのコラボ企画「力祭‐RIKI FESTIVAL‐」が開催中だ。特設会場にて、竹内本人プロデュースの紳士服や衣類雑貨を販売している。

竹内といえば、「難波金融伝・ミナミの帝王」シリーズの萬田銀次郎役が代名詞。強面で物怖じしない「銀ちゃん」は老若男女に人気だ。

そんな竹内が「日本全国に元気を届ける」ために企画された今回のイベント。ネット上では《二曲披露してくださいました!!》《オカンが竹内力のトークショーに行って、握手もしてもらったらしい》と当日のファンサービス満載の様子に称賛の声も続出していた。

14日、20日、21日は竹内本人による店頭販売も予定されている。