ロッテに入団が決まったマーティン

写真拡大

 ロッテは14日、レオネス・マーティン外野手の入団が決まったことを発表した。

 マーティンは11年にレンジャーズでメジャーデビューを果たすと、レンジャーズ時代の13年、14年、マリナーズ時代の16年には140試合以上に出場した。インディアンスでプレーしていた今季は、65試合に出場して、打率.199、9本塁打、19打点の成績をだった。

 前半戦を39勝40敗1分の5位で終えたロッテだが、まだまだCSを狙える位置にいる。新加入のマーティンが、どんな活躍を見せるか非常に注目だ。

▼ マーティンのプロフィール

生年月日:1988年3月6日(31歳)

出身地:キューバ

身長/体重:189センチ/91キロ

投打:右・左

ポジション:外野手

経歴:Manuel Fajard高校〜ナランハス・デ・ビジャ・クララ(キューバリーグ)〜レンジャーズ(11〜15年)〜マリナーズ(16年〜17年)〜カブス(17年)〜タイガース(18年)〜インディアンス(18年〜19年途中)

▼ マーティン選手コメント

「私と家族はこのようなチャンスを頂き、非常に感謝をしています。千葉ロッテマリーンズという素晴らしい球団に入団出来て、とても光栄です。最高の選手となれるように、そして最高のチームメートになれるように、しっかりと準備をしてきます。私はいつもすべてにおいてベストを尽くします。ファンの皆様と一緒にリーグ優勝だけを目指して頑張ります」

▼ 松本尚樹球団本部長コメント

「パワーもあるが、足が速く、肩も強く、守備もうまい。後半戦に向けて野手陣の層を厚くするという狙いがあります」