前橋南vs県立伊勢崎

写真拡大

相手に移りかかった流れを再度引き寄せた前橋南が、最後は粘り勝ち

 試合後半、毎回のように何人かが足が攣るというアクシデント含みの試合となった。湿度が高く蒸すような日の午後、確かにコンディション作りも難しかったのだろう。

 試合は、前半の試合の流れを一時は完全にもって行かれながら、もう一度呼び戻した前橋南が、何とかリードをキープして逃げ切った。

 初回の前橋南は二死で二塁に四球とバントで進めた角田君を置いて4番の須田雄人君が右前へ落して先制。2回も先頭の武井君が中越二塁打で出ると、四球などもあって二死一三塁としたところで重盗を仕掛けて成功。これで勢いづいて、角田君も左前打でつなぎ3番渡辺君は巧みなバント安打し、これで3点目が入る。なおも、3回にも二死走者なしとなってから、失策と8番関口知真君以下の3連打で加点。たまらず、伊勢崎の田島慶一監督は先発した林君を三塁へ回し、一塁手として先発出場していた新井智大君を送り出した。右横手投げの新井智君は代わり端、制球がままならず、いきなり死球で押し出し。さらに暴投かと思われたが、この球が大きく跳ね返り本塁タッチアウトとなってピンチを逃れる。そして、このタッチプレーによって、前橋南の流れそのものもストップさせることとなった。

 4回の伊勢崎は2安打するも無得点だったが5回、ポテン安打とバントで一死二三塁として、1番松本君の左犠飛でまずは1点を返す。そして7回、県立伊勢崎は7番新井智君がポテン安打で出ると、一死後9番新井拓翔君が右越三塁打で帰す。松本君も右越二塁打して2点差。ここで、今度は県立伊勢崎が重盗でし返しをして成功。ついに1点差となった。

 こうなると、県立伊勢崎の流れになっていきそうだったが、その裏に前橋南は先頭の須田雄人君が二塁打してバントで三進。関口幸翔君の一塁への内野安打で帰して、再度流れを手繰り寄せた。

 8回に先頭の林君に四球を与えたところで、前橋南の福島清監督は、高橋君を諦めてタイプの異なる須田雄君を一塁から送り出した。大きな縦のカーブがあり、これが効果的でその後を抑えた。

 試合後福島監督は、「今日は、相手のいい当たりが正面を突くなど運もありました。ミスもありましたけれども、そんなに上手な子たちじゃないんで…(苦笑)。落ち着いてよくやってくれたのではないでしょうか」と、戦いぶりには合格点を与えていた。

(文=手束 仁)