画像はイメージです

写真拡大

 女性のメイクの変化などに気付ける男性は少ない。一般的に女性は、身だしなみに手間ヒマをかけるため、変化に気付いてほしいという考えが広まっている、しかし、英恵さん(仮名・26歳)は、異性に気付かれることがストレスだという。

「ファッションやメイクに時間を使うのは、異性のためだけではありません。単純にオシャレが好きですし、自分が気分よくいられるためでもあるんです。もちろん、恋人や好きな男性には、注目してもらえたら嬉しいですよ。でも、なんとも思っていない男性から、髪型やメイクの細かい変化を指摘されると、『気持ち悪い』と思ってしまうんです」

 女性は細かいオシャレの変化に気づいてほしいというイメージが広がっているため、あえてそれを口にする男性は多い。しかし、英恵さんは、興味のない異性からだと、観察されているようで不気味に感じるという。

 また、過去には、その観察力にドン引くこともあったそうだ。

 「数年前にバイトしていたカラオケ屋の社員は、特に変化に気が付く人でした。前髪を少し切っただけでも、必ず指摘してくるんですね。それくらいならまだ我慢できていました。でも、ある時、私がお客さんからの飲食メニューを間違えて作ってしまった時のこと。私が厨房に戻って作業していると、受付から社員と男性アルバイトの会話が聞こえてきました。男性バイトが『メニュー間違えちゃったみたいで』と言うと、男性社員は『しょうがないよ。英恵ちゃん、今日生理だし』みたいなことを話していてドン引きしました。確かにその日は生理でしたから、匂いか何かでバレたのだと思います」

 それからしばらく、その社員とは、なるべくシフトが被らない時間帯で働いていたという。

写真・garryknight