【独占】「ファン・ウィジョは欧州に固執した。G大阪は…」代理人が明かすボルドー移籍秘話

写真拡大 (全2枚)

「年俸が減ってもヨーロッパに行くと言った。中国、中東、アメリカMLSも断った」

韓国代表の“不動のワントップ”といえるファン・ウィジョが欧州に行く。

7月11日、フランスの有力メディアがファン・ウィジョのフランス1部リーグのボルドー移籍を一斉に報道したなか、彼のエージェンシーであるイバン・スポーツもこれを認めた。

ファン・ウィジョが現在活躍しているJリーグガンバ大阪は7月13日、清水エスパルスとホームで試合を戦う。この試合が終われば、ファン・ウィジョのボルドー入団が発表される予定だという。ファン・ウィジョは韓国に帰国した後、荷物をまとめてフランスに向かう。

【注目記事】ガンバ大阪の韓国人トリオ独占座談会「韓国人が多い? 実はそれだけ責任が重い」

移籍料は昨年冬、ガンバ大阪と再契約した際に決められたバイアウト条項通り、200万ユーロ(約2億4000万円)になる見通しだ。ファン・ウィジョの欧州行きを模索してきたイバン・スポーツ代表は、「中国と中東から多くのオファーが来た。バンクーバー、マイアミ、ポートランドなどMLSのチームも彼を切望した」と明かし、「しかし、ファン・ウィジョ本人が欧州だけを考えた。“年俸が減っても行く”と言っていた」と裏話を明かした。

もちろん、年俸が減るわけにはいかない。オプションを含め、ボルドーでは年俸18億ウォン(約1億8000万円)になるという。ガンバ大阪での年俸よりももっと手に入れることになるとのことだ。

イバン・スポーツ代表は「サインする直前に(フランス報道が)出て収拾するのに大変だった」と前置きしつつ、明るく笑いながらファン・ウィジョ移籍の裏話を語り始めた。

―ファン・ウィジョのボルドー入団が95%は決まったようだが?

「交渉終盤、サインする直前に(報道が)出てしまった。ボルドーの合流日程の調整が不十分で、サインする直前だ。基本的な枠組みは協議をしておいた。条件は整っている」

ボルドーはなぜファン・ウィジョを? ガンバ大阪は?

―フランスの有力紙ですべて報じたほどなら、事実上入団ではないか?

「1日の間にあまりにも慌ただしかった。サインする直前に記事が出た。あちらとここでは文化が違うのではないか。調整が少し必要だ」

―7月13日の清水戦終えて韓国に来て出国するのか?

「そうだ。韓国に戻ってから現地に行く。我々の立場としては、清水戦を終えてから送ることを望む。我々は受け入れるチーム(ボルドー)側に立たなければならないのではないか。ガンバ大阪もそのような点を受け入れたと聞いている。

ただ、バイアウト条項に合流日程は記されてしない。金額は200万ユーロに定められているが、合流期間は“トランスファーウィンドウ”期間に設定されている。送り出す側のガンバ大阪の立場としては“いつ送り出そうが我々の自由じゃないか”と思っているかもしれない。

しかし、ボルドーは8月11日の開幕戦をしなければならない。また、7月14〜28日にはアメリカ・ワシントンでツアーをする」

―ボルドーがなぜファン・ウィジョを選んだのか?

「プロの世界では競争を避けることはできない。ファン・ウィジョもフランスに行けば競争しなければならない。ボルドーを率いるパウロ・ソウザ監督がポルトガル人だが、韓国代表のパウロ・ベント監督ともすべて確認しているのではないかと思う。

もちろん、監督が求めたからといってすべて受け入れるわけではない。ボルドーからすれば、満27歳のファン・ウィジョは結構な年だ。うまく使い、後で売らなければならないのだが、そういう価値がある選手だと判断したのだろう。

200万ユーロを投資して、よく使って売ることができるかを検討したようだ。そこで私たちは“元金をいつでも回収できる選手だ”と話した」

―昨年1年間で最高の技量を披露しただけに興味を示したチームも多かったはずだが…。

「ファン・ウィジョ本人が夢見ているのはプレミアリーグだ。その夢のために走り続ければ、ボルドーも元金以上を回収できる。

中東や中国からオファーは来ていた。年俸が350万〜400万ドル(約3億7000万〜4億3000万円)だった。 しかし、ファン・ウィジョの目標は欧州だった。

MLSのバンクーバーも、(彼が求める条件を)すべて受け入れると熱心に誘ってきた。マイアミ、ポートランドからもオファーがあった。しかしファン・ウィジョは、“欧州でなければ行かない”と固執した。

ボルドーで受け取る年俸も、日本で受け取る金額よりも悪くはなく、不足しないぐらいだ。欧州ではオプションを与えない傾向があるが、オプションも我々が受け取った。うまくいったようだ。

ファン・ウィジョ本人が大金を放棄したこともあるが、日本で受け取るぐらいは受け取ることになった。ファン・ウィジョは“年俸が減っても欧州に行く”と言っていたが、それは私が許さなかった(笑)」

―ソウザ監督とベント監督は親しいのか。そんなことも移籍に影響を与えたのか?

「それはわからない。ただ、ポルトガルの監督たちはよく疎通している。ファン・インボムが所属するバンクーバーのマーク・ドス・サントス(ポルトガル系カナダ人)監督もベント監督と常にコミュニケーションしていた。ファン・インボムがAマッチ期間に招集され、再び所属チームに戻ったあとまで、互いに細かくコミュニケーションをしているようだ」