【詳細】他の写真はこちら

2017年に第一子を授かり、パパとなった、お笑いトリオ・ロバートの山本博さん。息子くんとの生活の中で感じた「?」や「!」をマンガに描き、昨年7月からインスタグラムで発信。そのイラストをもとに、山本さんがパパ芸人ならではの気づきを綴る本連載。第35回は、母の日・父の日のできごと。山本さんの息子さんが、保育園で作った初めての母の日のプレゼント。ママとして初めてのプレゼントを受け取った奥さんは。

■初めての母の日のプレゼントにママさん感動!



5月のある日、息子を保育園に迎えに行くと、保育士さんから紙製のメダルのようなものをもらいました。折り紙で作られたイチゴ形の台紙に、息子の顔写真が貼ってあります。写真の上には、マジックで「おかあさんありがとう」と書かれていました。息子はまだ折り紙もできないし、文字も書けません。なので、保育士さんがぜんぶ作ってくれたんですけど、家に帰ってから「母の日のプレゼントだよ」って奥さんに手渡したら、すごく喜んでいました。奥さんにとっては、初めての母の日のプレゼント。母の日は「お母さんに感謝する日」だと思っていたけど、奥さんにとっては「お母さんになったことを喜べる日」なんだと、その笑顔を見ていて思いました。いま、そのプレゼントは我が家の壁に飾ってあります。

保育園から初めての母の日プレゼントにママの反応は?(インスタグラム絵日記5月13日より)

■照れくさいけど伝えたい30文字のメッセージ



母の日当日は、家族で食事に行きました。僕から奥さんへの「母の日のプレゼント」です。周りのパパ友に聞いたら「母の日はお母さんにプレゼントをあげるんでしょ? 奥さんにはあげてないよ」って言われましたが、昨年食事に行ったので、何もしないのも居心地悪い(笑)。うちでは、母の日の食事が毎年恒例になりそうです。実家のおふくろには、毎年お花を贈っています。結婚する前からずっと「母の日はお花」が定番で、いままではお花屋さんで用意している定型のメッセージカードを添えていたんです。でも、息子が産まれてから、お母さんの大変さがわかるようになって、ちゃんと感謝を伝えたいなと思うようになりました。奥さんを見ていると、子どもを育てるって命がけだなと感じます。僕も一緒に子育てしているけど、24時間ずっと息子のそばにいる奥さんの苦労はケタ違い。おふくろも、こうやって大変な思いをして育ててくれたんだなって思うと、「お母さんいつもありがとう」っていう定型文じゃ物足りない気がするんです。だから、息子が産まれてからは、30文字以内で自由にメッセージを入れられるカードに変更しました。昨年は「お母さんなしでは今の僕はありません」、今年は「毎日毎日、食事を作っていた背中を思い出します」ってメッセージを入れて、お花と一緒に贈りました。照れくさいし、おふくろからのリアクションまったくないんですけど(笑)。でも、毎年違うメッセージを入れてあげようと思っています。

久々に実家に帰ると、じいじとばあばが……。(インスタグラム絵日記5月26日より)

■影の薄い父の日。だけど今年は…



ちなみに、母の日に贈ったお花は、庭いじりが好きな親父が大事に育てています。実家に帰ると「これ、昨年のアジサイ」と言って見せてくれますね。最近ふと思ったのが「親父には何もしてねーな」っていうこと(笑)。父の日は忘れられがちっていうけど、僕もしばらく忘れていました。というより、何をプレゼントすればいいかわからなくて、次第にフェードアウトしていった感じです。以前は時計や帽子をプレゼントしていたけど、あまり使ってくれている気配もないし……。親父にも好みがあるから、難しいですよね。父の日を思い出したら、急に「何かしなきゃ」と思えて、今年は父の日にスマートウォッチをプレゼントしました。親父は毎朝ウォーキングをしているし、血圧が高いと言っていたから、身に着けるだけでパッと血圧を測れるタイプのスマートウォッチは便利かなと。使うか使わないかは親父次第ですけど、「長生きしてほしい」っていう気持ちが伝わっていたらいいなと思います。さて、我が家での母の日は、食事に行って感謝を伝えましたが、父の日は特別になにもしなかったです。しかし、保育園にお迎えに行くとパパの日のプレゼントを作りましたよーと、手形・足形と顔写真のクリップを受け取りました。その時、父の日はじめての貰い物だったので感動してしまい、涙出そうになったところ保育士さんと目が合ってしまい必死でこらえました。バレてたかもしれません。

どんなプレゼントよりも嬉しいのは孫の成長かも!?(インスタグラム絵日記5月26日より)