補機バッテリーが上がってしまうとクルマは動かせない

 ハイブリッド車にも一般的なバッテリー、つまり補機バッテリーが積まれていると聞くと驚く方もいる。なかにはユーザーでも知らない方も。モーターを駆動するバッテリーはあることは当たり前でも、すべてそれでこと足りると思ってしまうようだ。

 そもそも補機バッテリーが装着されている場所は、エンジンルームでも下方だったり、トランク内などにあることも多く、わかりにくいというのもなおさら意識がいかない理由だろう。

 また積まれているのを知っている方でも、メンテをつい忘れがちで、気がついたら寿命だったということも、最近は増えているという。

 一般的な鉛バッテリーがダメになっても、ハイブリッド車用の大きなバッテリーがあるから問題ないのでは? と思うかもしれない。実際に補機バッテリーはウインドウの上げ下げやオーディオなどを動かしているが、加えてハイブリッドシステムも起動させている。だから、これがダメだと動かすこと自体無理なのだ。

充電やジャンプコードでの始動が可能

 単純にバッテリーを上げてしまった場合は充電もしくは、ジャンプコードでの始動が可能。寿命で弱っている場合でも、ジャンプしてもらえればとりあえず始動できることもあるので、トライしてみる価値はあるだろう。

 ポイントは、ジャンプコードはバッテリーではなく、ヒューズボックスの近くに別途端子があればそこからもらうようにする。ちなみに、この端子から他車に電気をあげることはできないので要注意だ。

 つなぐ順番については一般的なジャンプと同じで、「しにプラ、いきプラ、いきマイ、しにマイ」の順につなぎ、外すときは逆に行なう。ハイブリッドを起動させるだけなので、アクセルをあおったりする必要なく、READYが点灯して操作ができればいい。あとは走れば充電される。

 クルマによってはつなぎ終わってから車内に戻る際に、一度ドアを開閉するなど注意点があるので、取扱い説明書を読んでから作業するようにしたい。

 補機バッテリーは価格がかなり高かったが、最近はかなりこなれてきているので、定期的に点検して早めに交換するようにしよう。