7月14日に行われるGIII函館記念(函館・芝2000m)は、穴党が待ちに待ったレースと言えるだろう。というのも、2006年にエリモハリアーが勝利して以来、1番人気が12連敗中。過去10年の成績を見ても、0勝、2着1回、3着0回、着外9回と、馬券圏内(3着以内)に絡むことさえ、稀(まれ)だからだ。

 こうした1番人気の不振は、配当にもよく現れている。三連複の配当が1万円以下だったのは、過去10年でわずか1回のみ。ここ2年連続で10万円オーバーの高配当となっている。三連単に至ってはさらにすごくて、過去10年で10万円オーバーの好配当が8回もあって、一昨年(91万5320円)と昨年(57万1480円)は50万超えという高額配当となった。

 1番人気がこれほど苦戦し、毎年波乱が起こっているのはなぜか。デイリー馬三郎の吉田順一記者はこう語る。

「ひとつは、別定戦の重賞やオープン特別を走った前走が、(馬を評価する)ある程度の判断ベースとなっているからでしょう。そうして、そこで惨敗した馬や、好走してもフロック視された馬は評価を下げるわけですが、ハンデ戦となる函館記念ではあっさりと巻き返してくる――そこに、同レースの難しさがあると思います」

 そんな函館記念において、どういったタイプが好走するのか。吉田記者はこう分析する。

「小回りの芝2000mで、時計がかかる設定のうえ、ハンデ戦ということもあって、出走馬の大半に勝つチャンスがある一戦。各馬が色気を持つためか、乱ペースになることが多いのが、ひとつの特徴としてあります。その結果、序盤から厳しい流れで進むため、上がりが35秒後半〜36秒台になることもざら。勝ち負けを演じるには、一瞬の決め脚はいらず、どれだけしぶとい脚を使ってしのげるか、そこが重要になります」

 言い換えれば、府中や京都などの春の中央場所で、見た目に鮮やかな勝ち方をしてきた馬ほど人気になりやすいが、それらは”危険な人気馬”になるということだ。

 そして今年、1番人気になりそうなのは、エアスピネル(牡6歳)。重賞3勝、GI戦線でも好走を重ねているように、実績は突出している。しかし、1番人気馬にとって”鬼門”の函館記念。吉田記者は当然、疑問の目を向ける。

「タフな設定の芝2000mにあって、エアスピネルにとっては約8カ月ぶりの実戦。追うごとによくなっているようですが、それでも年齢的なものあり、絶好調時の雰囲気はありません。それでいて、最重量となる58圓鯒愽蕕錣気譴襪里蓮酷だと思います」

 先週まで函館で取材を続けていた日刊スポーツの木南友輔記者も、”エアスピネル危険説”を唱える。

「現地で(エアスピネルを)見てきましたけど、1週前の雰囲気がこの馬の好調時と比べて平凡でした。それに、さすがに休養が長いです。(陣営のムードも)『ここは(秋に向けての)始動戦で無事にいければ……』といった感じに見えました」


函館記念でも一発が期待されるスズカデヴィアス

 そのエアスピネルとは逆に、木南記者が「陣営の手応えをすごく感じた」というのが、前走のオープン特別・巴賞(6月30日/函館・芝1800m)を13番人気で勝ったスズカデヴィアス(牡8歳)だ。

「巴賞の時は、初めて追い切りに乗った勝浦正樹騎手が『すごくいい馬』と乗り味を絶賛していましたが、やっぱり斤量59kgが気になって、印は△しか打てませんでした……。痛恨です。巴賞の翌週、厩舎に行くと、スタッフの方は『ほとんどの新聞が無印だったね』と苦笑いでしたよ。

 その後も、スズカデヴィアスは好調を維持しています。昨年の函館記念はかなり厳しい展開のなか、大外をブン回しながら、すごい脚を見せて5着。洋芝、とくにこのコースは同馬に合っています。前走がフロック視されるようなら、もう一発が期待できますよ」

 もう1頭、木南記者がスズカデヴィアス以上に推す馬がいる。巴賞で14着と惨敗を喫したカルヴァリオ(せん6歳)だ。

「巴賞において、心房細動になった逃げ馬サトノフェイバーの後ろで、思いっきりドン詰まりの不利を受けたのが、マイスタイル(9着)とカルヴァリオでした。この2頭はともに狙えますが、巴賞でも狙ったカルヴァリオにはもう一度、期待したいですね」

 最近はマイル以下のレースで奮闘しているカルヴァリオだが、もともとは中距離志向の馬だった。木南記者が続ける。

「(カルヴァリオは)3歳夏の1000万条件(現2勝クラス)・松前特別(函館・芝2000m)では、昨年の宝塚記念を勝ったミッキーロケットに快勝。せん馬でなければ、菊花賞の惑星になり得た馬です。前走はまったく競馬にならなかったですし、今回は人気を大きく落として、ハンデも見込まれない――大穴の条件は整ったと思います」

 一方、吉田記者も「巴賞組」から推奨馬を挙げる。5着と健闘したドレッドノータス(せん6歳)である。

「前走の巴賞は、出遅れもあって、後方からのレース。しかも、勝負どころでは馬込みで前が詰まり、直線しか追えなかったのが(最後に)堪えました。母ディアデラノビアよりは父ハービンジャーの血が濃く出ていて、早めに(アクセルを)踏んで、長く脚を使わせてこそ、味が出るタイプ。この舞台は歓迎です」

 また、同馬が目を引くのは、全5勝がすべて芝2000m戦であることだ。

「前走の芝1800m戦には良績がなく、ベストは芝2000m。この馬本来の好位から早めに抜け出す形になれば、前進必至です。少しハンデ(56圈砲聾込まれた印象はありますが、それはJRAのキャッパーもそれだけ評価している、ということ。ここは狙い済ました一戦と言えるでしょう」

 吉田記者ももう1頭、出走予定馬唯一のディープインパクト産駒であるポポカテペトル(牡5歳)の名前を挙げた。

「芝2000mの舞台の中で、ディープインパクト産駒がとりわけ苦しんでいるのが、函館・芝2000m。それでも、ポポカテペトルは母ミスパスカリの血を色濃く継承しており、しぶとい立ち回りは、この馬の”売り”です。

 適性よりもやや距離不足の印象も受けますが、時計のかかる芝2000mなら、十分に対応は可能でしょう。手の合う岩田康誠騎手に乗り替わるのもプラス。中団より前から外目を進出する形になれば、この馬のしぶとさが生きそう。55kgの斤量も、実績から考えれば恵まれており、一発の魅力を大いに感じます」 2年連続で高配当が飛び出した函館記念。今年も”大荒れ”ムードが充満している。それを誘発する馬が、ここに挙げた4頭の中にいても何ら不思議ではない。