12日午前3時〜5時ごろ、Twitterでアカウント接続できないなどの障害が発生する中、謎のワード「#らーめんじょあ」がトレンド入りし話題となっている。

 発端は、障害でTwitterに投稿できない人たちが、インターネットの障害を監視するサイト「ダウンディテクター」に集結したこと。Twitterが復旧し、投稿できた時の合言葉を決める流れから、「やくるとじょあ」と「朝飯はラーメン」の2案が折衷し「らーめんじょあ」になった。

 「#らーめんじょあ」がトレンド入りした理由について、ITジャーナリストの三上洋氏は「障害発生した3時〜5時は利用者も少ない時間で、深夜ノリの一体感もあることからトレンドを取りやすい」と分析。また、「らーめんじょあ」という合言葉が生まれたことについては、「『鯖落ち』などの連想ワードが残ることはあるが、あまりないこと。『らーめんじょあ』の響きや語呂が良かったことから拡散したのでは?爪痕を残そうとするTwitter民は多い」とした。
(AbemaTV/『けやきヒルズ』より)
 ▶ネットで謎のワードが炎上 「ありがた料」とは?