令状審査を終え、被害者に謝罪するカン・ジファン容疑者=12日、城南(聯合ニュース)

写真拡大

【城南聯合ニュース】女性2人に対する性的暴行などの容疑で緊急逮捕された韓国の俳優、カン・ジファン容疑者に対する逮捕状の発付可否を決める審査が12日、水原地裁城南支部で行われ、地裁は「証拠隠滅の恐れがある」として逮捕状を発付した。

 カン容疑者はこの日午前、審査を終えた後、報道陣に対し、被害者が事件の記事により深く傷ついていると伝え聞いたとし、「このような状況に巻き込んでしまい申し訳ない」と謝罪した。

 カン容疑者は9日、ソウル近郊の京畿道広州市にある自宅で自身の撮影を手伝う外注スタッフの女性2人と酒を飲んだ後、2人が寝ていた部屋に入り、1人に性的暴行を加え、もう1人にわいせつな行為をした疑いがもたれている。通報を受けて出動した警察により、その日夜に緊急逮捕された。

 カン容疑者はドラマ「快刀ホン・ギルドン」「ビッグマン」「パンドラ 小さな神の子供たち」などで主役を務めた人気俳優。各種演技賞の受賞歴も多く、バラエティー番組でも人気を博していた。