ホンダが発売を延期する新型の軽「N−WGN」=同社提供

写真拡大

 ホンダは12日、軽自動車N―WGN(エヌワゴン)の新型車の発売時期を7月から8月に延期すると発表した。

 部品の一部の調達が遅れ、生産が間に合わないという。事前予約をすでに受け付けており、ホンダの広報担当者は「ご迷惑をおかけして申し訳ない」と話している。詳細な発売日は追って発表する。

 エヌワゴンの新型は、ホンダの軽では初めて渋滞時に前の車についていく機能をつけたほか、障害物を検知すると自動でブレーキがかかる機能など安全運転支援の機能を充実させた。