今季よりブンデスリーガ復帰を果たしシーズンを迎えるSCパダーボルンは、補強テーマとなっていた右サイドバックに、ローラン・ヤンスを加えたことを発表した。仏1部FCメッツより、1年間の期限付きで加入。ただし契約には買い取りオプションも付随している。背番号は20。

 ルクセンブルク代表では主将を務めている26才について、マネージャーを務めるプルゾンジーノ氏は「スピードとフィジカルでの強さをもち、我々のスタイルに非常にマッチすることだろう。さらに貴重な国際経験も有し、代表では主将としてリーダーシップも発揮している。うちの右サイドバックに貴重な戦力を加えることができた」と喜びを示した。

 ルクセンブルクではFFノルデン02に育成され、CSフォラ・エシュでプロへの階段をかけあがった同選手は、2015年にベルギーのワースラント=ベフェレンへとわたっており、昨夏からはフランスのFCメッツに移籍している。なおこれでパダーボルンは今夏、9人目の新戦力を発表した。