EntamePlex

写真拡大 (全4枚)

東京電力ホールディングス株式会社は12日、WEB限定動画「変わらないこと篇」を公開した。

東京電力ホールディングス株式会社では、停電、雨雲、雷雲、地震などをプッシュ通知でお知らせしてくれる公式アプリ「TEPCO速報」が教えてくれたことという題材で今まで4本の動画を公開している。

第5弾となる今回の動画は、高校進学を機に疎遠になってしまった幼馴染2人の女子高生を、1つの停電情報と2人の思い出が詰まった駄菓子屋が引き合わせるという、青春時代のむずがゆさを感じさせつつも、どこか懐かしく心温まる内容になっている。

「TEPCO速報」の公式サイトで公開されている動画は、単なるアプリの紹介動画ではない。「TEPCO速報」には、プッシュ通知を受け取るための地域登録を8ヶ所まで登録できて「大切な人を見守れる」という機能があり、その「大切な人を見守れる」という情緒的価値を表現するという切り口で、この動画シリーズを通してアプリの魅力を伝えている。



動画に登場する女子高生役には、女優の菊地玲那、ダンスアイドルユニット「CROWN POP」の山本花織を起用。そして、楽曲には、the shes gone の「想いあい」を起用。



「僕らの歌があなたの日常に寄り添えますように」をテーマに活動しているthe shes goneと、幼馴染2人とおばあちゃんの日常に寄り添う「TEPCO速報」のコンセプトがマッチしており、タイアップすることになったとか。またタイトルにある「想いあい」が今回のカホとマユの2人の関係性を情緒豊かに描いてくれるとともに、彼らの優しい歌声やメロディがより繊細に物語を彩っている。