宇宙航空研究機構(JAXA)の探査機「はやぶさ2」は、11日(2019年7月)に小惑星りゅうぐうへの2回目の着陸に成功した。りゅうぐう内部の砂や石を採取するための弾丸発射も確認され、採取に成功したと見られる。

どれほどすごいことなのか。科学ジャーナリストの寺門和夫氏は次のように解説した。「小惑星りゅうぐうは太陽光線や宇宙線に晒されているため、表面の物質はかなり変化しています。しかし、内部の物質だと小惑星ができた約40億年前そのままの状態で残されている。その物質を得たことで、太陽系誕生や生命誕生の歴史の秘密に迫れる可能性が出てきました」

来年冬に地球に帰ってくる

司会の加藤浩次「(そんなことまでわかるのは)ちょっと怖いね」

弁護士の菊地幸夫「いやあ、ちょっと大きすぎて」

犬山紙子(イラストコラムニスト)「あんな遠い所に自分たちの体が繋がっているというのがすごい」

はやぶさは来年(2020年)11〜12月に地球に帰ってくる。