米Twitter社は9日、ヘイトスピーチについてのルールを改定。初めて対象を「集団」に拡大した。

 Twitterはこれまで「特定の個人」に対するヘイトスピーチを禁止していたが、今回の改定で「宗教団体」に対して人間性を否定する発言に対象を拡大。例えば、「キリスト教徒」「ユダヤ教徒」「イスラム教徒」など「集団」への攻撃を禁止する。

【禁止例文】
「<宗教団体>は病原菌だ。彼らのせいでこの国が病に侵されている」
「<宗教団体>は処罰されるべき。汚らわしい動物め」
「<宗教団体>は虫けら以下」

 もしこのような投稿があった場合、Twitterが削除を要求し、応じない場合はアカウント凍結などで対策するということだ。なお、今後も対象を拡大する方針だという。
(AbemaTV/『けやきヒルズ』より)
 ▶インスタグラムの“いじめ対策”機能に効果は?