長崎県美術館で写真展「オードリー・ヘプバーン」映画・ファッション・プライベートに纏わる写真約150点

写真拡大

「写真展 オードリー・ヘプバーン」が、長崎県美術館の県民ギャラリーにて2019年10月4日(金)から10月27日(日)まで開催される。

“銀幕の世界に舞い降りた妖精”オードリー・ヘプバーン。1953年の『ローマの休日』でアカデミー主演女優賞を獲得し、『麗しのサブリナ』、『ティファニーで朝食を』、『マイ・フェア・レディ』で人気女優としての確固たる地位を築いた彼女は、1993年に亡くなり25年経った今でも、その輝きを失っていない。

また、オードリーは映画界だけでなくファッション界にも刺激を与える存在だった。「史上最高の美女」、「20世紀最高の美女」にも選出され、生涯を通じて女性たちのファッションアイコンであり続けた。

「写真展 オードリー・ヘプバーン」では、そんなオードリーの魅力を、ファッション、映画、プライベートのカテゴリーで紹介する。カリフォルニアのmptv社の全面的な協力を得て、同社が所蔵する約1,500点に及ぶオードリーのフォトコレクションより、一流のハリウッドフォトグラファーによる写真作品約150点を展示する。

なお、会場には特設ショップも設け、出品作品を収めた写真集のほか、会場でしか買えないオリジナルグッズを販売する。

【詳細】
会期:2019年10月4日(金)〜10月27日(日)
会場:長崎県美術館 県民ギャラリー
開館時間:10:00〜18:00 最終入場 17:30
休館日:2019年10月15日(火)
観覧料:一般 1,000(800)円、大学生・70歳以上 800(600)円、高校生以下無料
※( )内は前売りまたは15名以上の団体料金。
※障害者手帳保持者及び介護者1名までは5割減額。
※前売券の販売は8月24日(土)〜10月3日(木)


[写真付きで読む]長崎県美術館で写真展「オードリー・ヘプバーン」映画・ファッション・プライベートに纏わる写真約150点

外部サイト

  • 「岩合光昭写真展 こねこ」京都駅ビル内美術館「えき」KYOTOで、世界各地域の“こねこ”約150点
  • 展覧会「ロイス・ワインバーガー展」“見えない自然”に迫る植物を使った絵画など、東京ワタリウム美術館で
  • 国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」名古屋・豊田に国内外アート集結、サカナクションのライブも