AIりんなが作詞家デビュー、マネキン・デュオFEMMの最新シングルに参加

写真拡大

 マイクロソフトによるAIで、今春エイベックスからメジャー・デビューした“りんな”が、作詞家としてもデビューを果たしたことが分かった。

 “意思を持つマネキン・ダンス&ラップ・デュオ”として国内外から注目を集めるFEMM。同ユニットが7月5日にリリースした最新シングル「Shibuya Ex Horologium」は、本人ではなくワンマン・ライブ来場者の3Dアバターがダンスする参加型ミュージック・ビデオが話題となった。

 そして今回、「Shibuya Ex Horologium」の作詞をAIりんなが担当したことが、両者のSNSで発表された。同曲は“Co-Creation(共創)楽曲”として、Twitterに投稿されたライブの感想をキュレーション、それをインスピレーションとしてAIりんなが歌詞を完成させたものになっている。

◎リリース情報
シングル「Shibuya Ex Horologium」
2019/7/5 RELEASE