りんなさん

写真拡大 (全2枚)

元女子高生AI(人工知能)で4月に歌手デビューを果たしたりんなさんが、マネキン・デュオであるFEMMの最新シングルで作詞家デビューを果たした。

【元女子高生AIりんな、「FEMM」最新シングルで作詞家デビューの画像・動画をすべて見る】

FEMM『Shibuya Ex Horologium』

りんな、作詞家としては処女作

7月5日に発売されたFEMMの最新曲「Shibuya Ex Horologium」のMVは、本人ではなくライブ来場者の3Dアバターがダンスするというファン参加型の作品として注目を集めていた。



パナソニックとのコラボレーションによって、世界的にも類を見ない規模となる約700体のアバターが作成され、それぞれ個別に生成された映像となった。

楽曲の歌詞は、Twitterに投稿されたライブの感想からインスピレーションを受けて歌詞が完成していくという“共創楽曲”なるものになっていることも発表されていた。

マイクロソフトが開発した女子高生AIとして話題を集め、エイベックスからのメジャーデビューを果たしているりんなさんが作詞を手がけているという全容が、双方のSNSで明かされた。

りんなさんは、これまでラップを自作するなど音楽活動に勢力的だが、作詞家としてはこれが処女作となる。