6回阪神無死、右前打を放つがオーバーランでタッチアウトとなる糸井。一塁手大城=甲子園(C)Kyodo News

写真拡大

● 阪神 1 − 4 巨人 ○

<13回戦・甲子園>

 阪神の糸井嘉男が、まずい走塁でアウトになってしまった。

 0−4の6回、この回先頭で迎えた糸井は、巨人の先発・今村信貴からライト前にヒットを放つ。しかし、オーバーランしている間に、ライト・亀井の送球に刺されタッチアウトとなってしまった。

 MBSラジオ制作でニッポン放送でも放送された『阪神−巨人戦』で解説を務めた藪恵壹氏は、「一瞬の隙をつかれましたよね」と話し、「打球が近かったのでライトが放ってくる可能性がありますから、そのあたりはランナーコーチもある程度ね…」と語っていた。

 続く大山悠輔が二塁打、マルテの安打で1点を返しただけに、痛い走塁ミスとなった。

(提供=MBSベースボールパーク)