中日・ロメロ=ナゴヤドーム(C)KYODO NEWS IMAGES

写真拡大

○ 中日 2 − 1 広島 ●

<14回戦・ナゴヤドーム>

 中日が逆転勝ち。1点を追う8回に試合をひっくり返し、4連勝で前半戦を締めくくった。

 中日打線は広島先発・ジョンソンに苦戦。1点を追う7回は一死三塁の好機を作ったが、代打・井領がセーフティースクイズに失敗。続く代打・アルモンテも遊ゴロに倒れ絶好のチャンスを逸した。

 それでも8回、広島の2番手・レグナルトから先頭の1番・平田、続く大島の連打などで一死満塁の好機を作ると、5番・高橋は一ゴロに倒れたものの、二死満塁から代打・藤井が同点となる押し出し四球を選んだ。さらに、続く京田も押し出し四球で逆転。相手の自滅にも助けられ、一気に試合をひっくり返した。

 投げては、先発のロメロが5回までパーフェクト投球。今季6勝目とはならなかったものの、7回3安打1失点の快投でゲームメイクした。勝利投手は8回を3者凡退に抑えた祖父江で2勝目(2敗)。1点リードの9回を締めたマルティネスは6セーブ目(0勝3敗)をマークした。

 広島は6回、楽天からトレードで加入した7番・三好が、移籍後初安打となる二塁打をマーク。この一打を口火に先制したが、次の1点を奪えなかった。先発のジョンソンは7回4安打無失点で降板したが、2番手のレグナルトがまさかの連続押し出し。レグナルトは来日初黒星(4勝)を喫し、チームは11連敗となった。