街頭演説する立憲民主党の枝野幸男代表=2019年7月10日午後、滋賀県彦根市、中崎太郎撮影

写真拡大

■枝野幸男・立憲民主党代表(発言録)

 年金の2千万円の報告書が目立っていて影で隠れていますが、財政審議会というところが、同じときに建議している。

 後期高齢者の皆さんの医療費の自己負担を、今の1割(負担)から、倍にするっていっている。そして、介護の自己負担も倍に増やすっていっている。今必要なことの逆じゃないですか。

 財政審議会で建議されたら、だいたい次の年の予算に反映される。この選挙で安倍(晋三)さんが勝ったら、後期高齢者の皆さん、医療費の自己負担、2倍に上がるという政治が進んでいる。変えなきゃいけないんじゃないですか。これじゃあ老後の安心、つくれないじゃないですか。(10日、滋賀県彦根市での街頭演説で)