≪新潟≫

 野党統一候補の無所属新人、打越が自民現職の塚田を大きくリードしている。

 立民、共産、国民の支持層を固め、無党派層にも浸透する。塚田陣営は首相で党総裁の安倍晋三ら自民幹部がテコ入れするが、道路整備をめぐる「忖度(そんたく)」発言の負の印象を払拭できない。

 ≪富山≫

 自民現職の堂故が国民新人の西尾を大きくリードしている。堂故は固い保守地盤に守られ組織戦を優位に展開し、幅広い層で支持を固めている。野党統一候補の西尾は立民、共産、社民の支持層のほか無党派層への食い込みで挽回を目指す。

 ≪石川≫

 再選を期す自民現職の山田が国民新人の田辺を大きく引き離す。山田は1期目の実績を訴え、県内全域で保守層や推薦を受ける公明支持層を固めつつある。野党統一候補の田辺は国民、立民、共産、社民各支持層の取り込みに加え、無党派層への浸透を狙う。

 ≪福井≫

 再選を狙う自民現職の滝波が共産山田とN国党嶋谷の2新人を圧倒する。滝波は組織力を生かし、保守層の支持を固める盤石な戦い。改選1人区で唯一共産公認の野党統一候補となった山田は立民と社民に浸透するが、共闘効果は限定的だ。嶋谷は認知度向上に努める。

 ≪山梨≫

 自民現職の森屋が野党統一候補の無所属新人、市来をリードしている。知事の長崎幸太郎の支援を受ける森屋は自民、公明支持層を固め、安定した選挙戦を展開する。市来は立民、国民、共産支持層に浸透しているが、野党共闘の出遅れが響いている。

 ≪長野≫

 5選を目指す国民現職の羽田が自民新人の小松を引き離している。羽田は野党統一候補として国民支持層をほぼ固め、立民と共産の支持層も取り込んだ。小松は引退する参院自民幹事長の吉田博美の後継。党幹部が応援に入るが、課題の知名度不足が響いている。(敬称略)

                   ◇

 ■新潟 25自民 28無

 (1減・1−3)

 打越さく良 51 弁護士    無   新 【立】【国】【共】【社】

 塚田 一郎 55 元国交副大臣 自(麻)現 【公】

 小島 糾史 43 会社員    諸   新

 ■富山 25自 28自

 (1−2)

 西尾 政英 58 元議員秘書  国   新 【立】【社】

 堂故  茂 66 農水委員長  自(竹)現 【公】

 ■石川 25自 28自

 (1−2)

 山田 修路 65 元総務政務官 自(細)現 【公】

 田辺  徹 58 元オペラ歌手 国   新 【立】【社】

 ■福井 25自 28自

 (1−3)

 山田 和雄 52 元三国町議  共   新

 嶋谷 昌美 48 元議員秘書  諸   新

 滝波 宏文 47 経産政務官  自(細)現 【公】

 ■山梨 25自 28民

 (1−3)

 森屋  宏 62 元総務政務官 自(岸)現 【公】

 市来 伴子 41 元杉並区議  無   新 【立】【国】【共】

 猪野 恵司 35 バレエ指導者 諸   新

 ■長野

 (1減・1−4)

 羽田雄一郎 51 元国土交通相 国 現 【立】【共】【社】

 斎藤 好明 69 元高校教諭  諸 新

 小松  裕 57 元衆院議員  自 新 【公】

 古谷  孝 43 社労士    諸 新

                   ◇

 ■名鑑の見方

 選挙区の右は平成25、28年の議席獲得党派、カッコ内の数字は増減・改選数−立候補者数

 ◇立候補者の名鑑…氏名、年齢(投票日基準の満年齢)、代表的肩書、公認党派、派閥略称(自民現職のみ)、現元新別、推薦・支持政党。並びは届け出順

 ◇党派の略称…自=自民党、公=公明党、立=立憲民主党、国=国民民主党、共=共産党、維=日本維新の会、社=社民党、幸=幸福実現党、諸=諸派、無=無所属

 ◇自民党派閥の略称…(細)=細田派、(麻)=麻生派、(竹)=竹下派、(岸)=岸田派、(二)=二階派

 (注)平成25、28年の党派略称は、民=民主党(25年)・民進党(28年)、み=みんなの党