(c)MBS

写真拡大 (全7枚)

 「俺がレギュラー番組を持ったら、絶対に出させたるからな!」と言って、吉本興業所属のある芸人が無名の女性タレントを口説いたという。このような発言をしそうな芸人といえば…?今回、その芸人の発言にもまつわる「ええ暮らしをしている名もなき女性タレント そのお金の出どころは大丈夫なのか?」と題して、7月4日(木)放送の「メッセンジャーの○○は大丈夫なのか?」(MBS)が、徹底調査した。

先月のギャラは「0円でした」

 最初に登場した「名もなき女性タレント」は、モデル歴6年の大端絵里香さん(31歳)。主にイベントやラジオなど、モデル兼タレントとして活躍しているという。暮らしぶりを調査したのは、若手漫才師の見取り図。キレイなデザイナーズマンションを訪れた彼らは、部屋の中へ通されると荷物はほとんど無い状態だった。
「引っ越そうと思って荷物を(新居に)送ってます」という大端さん。モデル業としての先月のギャラは「0円です」とニッコリ笑う彼女は、現在の家賃10万円のところからそれよりも高い部屋へ引っ越すというのだ。お金の出どころは...?

エルメスの「レンゲ」!?

 部屋を物色する見取り図の2人は「これ、未開封やん!」と、クローゼットの中から高級ブランド・エルメスの箱を探し出した。大端さんは「自分で買いました」と言い切るが、出てきたのは「サンダル・約15万円」「ピアス・約5万円」(いずれもエルメス)。このほか、「エルメスってこんなんも出してるの!?」と2人が驚いた、「レンゲ」も出てきた。「これは戴き物です。ご夫婦からです」という。ナレーションが「こんな高級品、名もなきタレントに買えるわけない」といっていたが、全く同じ気持ちになった。かなり「?」だ。
さらに物色を続けると、なんと!
クローゼットから小型の「簡易金庫」が出てきた。中を開けると...。

「300万円...!」

 「簡易金庫」からは、雑に輪ゴムで止められた札束の束・束・束...。思わず静止画にしていくら入っているのか数えようとしたが、ここは見取り図の2人が「いくら入ってんの?」と質問してくれた。
彼女は「300万円いかんくらい」と即答。そして、冷蔵庫の中も物色すると「ローストビーフ約5千円」「トリュフ約3千円」「フォアグラ約6千円」などの高級食材も多数出てきた。


元・吉本新喜劇の座員

 次に発見したのは、吉本新喜劇の座長・酒井藍と一緒に写った写真。彼女は「昔、新喜劇に所属させて頂いてた」と明かした。約6年前まで「吉本新喜劇」の座員として活躍していたという。そこで、見取り図が「ほんなら、吉本の芸人に口説かれたことないの?」と質問すると、「何回かありました」と大端さん。
それが、冒頭に記した「俺がレギュラー番組を持ったら、絶対に出させたるからな!」と女性タレントを口説いていたという芸人のことになる。
その芸人とは......この日、スタジオゲストで出演していたダイアンの津田篤宏だった。この時、津田は「これは!これは!」と叫び、何か言い訳していたのだが、番組の後半にMCのメッセンジャー・あいはらが「下手な言い訳」を大暴露する。

「売上は400万円」

 なぜこのような生活ができるのか?その真相を確かめるべく彼女の「職場」へ同行した。
そして、「ここです!」と案内したのは、ラーメン店。元々関西のラーメン店の名店で2年間修行を積み昨年10月にオーナーとしてオープン。お米を溶かし込んだ出汁に米粉を使った麺が特徴という。

早速、見取り図の2人も「お米の神様からの贈り物ラーメン850円(税込み)」を試食。「旨い!」「めちゃめちゃ旨い!」と絶賛した。
彼女はこの味に魅了され一念発起。銀行から借り入れをして開業資金を作った。現在の月の売上は「約400万円」。彼女は月に好きなように使える金額は「30万円」というが、見取り図が試食したラーメンの見た目が「インスタ映え」するオシャレな感じだったので、今後もっと売上は上がりそうだ。

美人ダンサーのお金の出どころは?

 次に登場したのは、「ラグジュアリー」という言葉がぴったりな高級感あるエントランスのマンションに住むアレッサさん(26歳)。主に、クラブなどで週に3〜4日ダンサーとしてパフォーマンスを披露しているという彼女のルックスは、目鼻立ちがハッキリとした「イケイケ」な雰囲気漂う美人。それもそのはず、彼女は母親がスペイン人のハーフだった。
そんな彼女の「ダンサー」としての収入は、月10万円程度というが、高級感あるマンションの家賃は12万3千円というのだ。見取り図は「もう!怪しい!」「怪しい!」と連呼。部屋には、約30万円のDJ卓や、約20万円のピアノに高級サングラスなどがあった。お金の出どころは一体?

「月に100万円」

 お金の出どころは、「pato」というアプリを使って稼いでいるという。時間制で料金を支払い、マッチングした相手と食事などを楽しめるアプリ。現在約20万人が利用している登録制のコンパニオンのようなもので、アレッサさんはこのアプリに登録していたのだ。見取り図が同行した「飲み会」にいた人の中には「月に100万円」稼ぎ出す人も。登録には面接があり、10人に1人しか合格しないため「可愛い子が多い」と噂されている話題のアプリだ。「最近の可愛い女たちはイマドキの副業で荒稼ぎしていた」と番組は締めくくっていたが、気になるのはメッセンジャー・黒田のコメント。
「津田が『アレッサの方へいこう』としている!」。このVTRを見ている間、津田は「すぐ(アプリに)登録できる?」といっていたのだ。そして、あいはらが、最初に登場した女性について「『俺は、身内にはいかないタイプ。(新喜劇を)辞めるっていってたから、一般の女性になるから(口説いても)ええやん!』と津田がいっていた」と暴露した。

「メッセンジャーの○○は大丈夫なのか?」はMBSで毎週木曜日よる11時56分放送中。メッセンジャーの黒田、あいはらが世の中に起こるありとあらゆることに対して、勝手に「大丈夫なのか?」とおせっかいに心配するバラエティ番組。

MBS動画イズムで無料見逃し配信中!
過去の放送はこちらからご覧ください。