モバイルOSの利用者数や、アプリのダウンロード件数では、米グーグルの「Android」が、米アップルの「iOS」を大きく上回っているが、アプリストアの収益では、依然、アップルが大きくリードしている。

 モバイルアプリのマーケティング会社、米センサー・タワーの最新レポートによると、今年(2019年)上半期に世界の消費者がアップルの「App Store」とグーグルの「Google Play」で支出した金額は合計で397億ドル(約4兆3000億円)となった。これは1年前から15.4%多い金額だ。

 その内訳はApp Storeが同13.2%増の255億ドル(約2兆7600億円)、Google Playが同19.6%増の142億ドル(約1兆5400億円)。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

ダウンロードではグーグルに軍配

 一方で、同じ期間の新規ダウンード件数は、App Storeが1年前から1.4%減少し148億件。中国市場が大幅に落ち込んだことから1〜3月期に4.7%減少した。4〜6月期は3%増と持ち直したものの、上半期を通じてプラス成長するには至らなかった。

 これに対し、Google Playの新規ダウンード件数は同16.4%増419億件と、アップルの2.8倍だ。ダウンードの件数でApp StoreはGoogle Playの3分の1の規模にとどまる。しかし、前述したとおり、売上高ではGoogle Playの1.8倍と、大きく上回っている。

 これに先立ち、センサー・タワーは、ミリオンダラー企業の創出といった点でアップルはグーグルに勝ると報告していた。昨年は、米国のApp Storeで初めて年間収入が100万ドル(約1億1000万円)を超えたアプリ開発企業が164社に上った。この数はGoogle Playでは88社だった。

 (参考・関連記事)「アップルは100万ドル企業をグーグルの2倍生み出す」

ゲーム売上高、全体の75%占める

 アプリの世界市場に最も収益をもたらしているアプリのジャンルは「ゲーム」だ。その上半期の売上高は前年同期比11.3%増の296億ドル(約3兆2100億円)で、全体の約75%を占めた。内訳はApp Storeが前年同期比7.8%増の176億ドル、Google Playが同16.8%増の120億ドル。

 ゲームアプリの上半期における新規ダウンロード件数は、同3.2%増の201億件。App Storeは同1.4%減の44億件にとどまったが、Google Playは同4.6%増の157億件に上った。

フェイスブックのアプリがダウンロードの上位に

 なお、ゲーム以外の分野を見ると、新規ダウンロード件数が多かったアプリは1位から「WhatsApp」(対話)、「Messenger」(対話)、「Facebook」(SNS)、「TikTok」(動画共有)、「Instagram」(写真・動画共有)の順。米フェイスブックのアプリがトップ5に4つ入った。

筆者:小久保 重信