中国・上海の夜景


(姫田 小夏:ジャーナリスト)

 1994年生まれの王梁君(仮名、25歳)は、典型的な“富二代”だ。富二代とは「富裕層の2代目」という意味の中国語である。両親は国内外にいくつもの不動産を保有しており、王君自身も親の資産で何不自由なく生活をしている。愛用のポロシャツのブランドはイタリアのエルメネジルド ゼニア。普段履いている数万円のスニーカーはいつもピカピカで、汚れがつくたびに立ち止まってはティッシュできれいにふき取る。観光旅行で日本を訪れた際は、母親名義の銀聯カードで高価なブランド品を買いまくっていた。

 王君は大学卒業後、中国のある有名企業に勤めたものの、ほどなく退職した。聞けば、「親のコネで決まった就職先」だったが、仕事への興味は持てなかったようだ。現在、仕事はしていないが生活にはまったく困っていない。両親の莫大な資産はいずれ彼のもとに入ってくるし、一人っ子だから相続争いもない。

 中国では、彼のようなリッチな若者は今や珍しくない。90后(1990年代生まれ)の富二代が増え、「ハングリーで優秀」な中国人像が崩れ始めている。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

履修科目を親に相談

 都心のある日本語学校には、中国人留学生が続々と入校してくる。その学校で日本語を教える武藤洋子さん(仮名)は、最近の中国人留学生には今までとは違う特徴が見てとれるという。「自分で決断できない子が増えている」というのだ。

「この学校には、日本の大学進学を目指す高卒の中国人留学生が少なくありません。彼らは、日本の大学に進学するための履修科目を選定する際、自分で決められない。『どうするの?』と訊ねると、『お母さんに聞いてからじゃないと答えられない』と言うのです」

 武藤さんがこの学校に就職した5年前は、「さすが科挙の国の子どもたちは優秀だ」と中国人留学生に一目置いていたという。だが、「今は違う」と言い切る。「決断力もなければ、将来のビジョンもない。でも、お金だけは十分にある。それが、この学校に留学してくる中国人学生の特徴です」(同)。

 なぜ彼らは自分で決断できないのか。

 中国・大連出身の蔡博さん(仮名)は自らの経験を踏まえ、中国の家庭の特殊事情を次のように語る。

「中国の学校では、寝る間もないほどの宿題が出ます。最近は『音読』の宿題も、親に映像を撮らせ、それを通信アプリの『微信』で提出させることも。ごまかせないので、みんな必死です。日本では小1の授業は1日に最大5時間ですが、中国の小1は7時間授業。勉強量は相当差があります」

 学校から出される宿題はあまりにも膨大すぎて、親が一緒にやらないと終わらないのだという。だから都市部への出稼ぎ労働者も、子どもが学齢期になると、自分が故郷に帰るか、子どもを都市部に連れてくるかの選択を迫られる。親が勉強を手伝わないと、子どもの将来が開けないからだ。

 子どもの頃から勉強は親に頼り切り。そのため、日本語学校での履修科目の選定も、親に聞かなければわからないのかもしれない。

ハングリーな中国人学生はいなくなった

 人材コンサルタントの若林真さん(仮名)は、中国でエンジニア志望の中国人学生を日本企業に派遣する仕事に従事している。過去10年間、同じ大学で学生を“定点観測”していたという若林さんは、「最近、草食系男子がとても増えました」と言う。以前のような“ハングリーさ”がなくなったというのだ。「一部、骨のある学生もいるけれど、逆境から這い上がって成り上がろうというタフな学生はほとんど見なくなりました」。

 若林さんはその大学で、日本での就職に備えた日本語の課外授業も受け持っている。授業は週に1回。最初は40〜50人が参加するが、終盤を迎える頃には10人にまで減ってしまう。「日本語の習得は難しくて、つらい」というのが脱落の理由だ。また、この世代は片親の子が少なくなく、家庭の事情から「やはり母を残して日本には行けない」という理由で勉強をあきらめる学生も増えているという。

「ひと昔前なら、『ガッツリ稼ぎたい』『しがみついてでもチャンスをものにしたい』という学生がほとんどでした。けれども、そんな学生はすっかりいなくなってしまいました」(同)

「あいつは替え玉受験だろう」

 中国人留学生の“劣化”は、日本だけの現象ではないようだ。昨今は、成績優秀な中国人学生は欧米を目指し、日本には“その次のランク”の学生たちがやって来ると言われる。しかし、深セン出身でアメリカに留学中の陳浩然さん(仮名)は、「アメリカに来る中国人留学生が決してみんなが優秀なわけではない」という。

「僕の同級生の中国人学生はネットゲームやフィギュアコレクションに夢中で、毎日遊んで暮らしていました。結局、大学を卒業できず、中退して深センに戻ってしまいました。今は仕事もしないでぶらぶらしているようです。だけど彼の親は“超”がつく金持ちなんです。なにしろアメリカ留学中に住んでいた家にはビリヤード台やバーカウンターがありましたから。だから、大学を中退して仕事をしなくても、別にそれでいいと思っているんです」

 中国では入学手続きの代行会社はもちろん、SAT(アメリカの大学進学適性試験)やTOEFL(英語コミュニケーション能力を測るテスト)の替え玉受験ビジネス、カンニングビジネスさえも発達しているといわれる。富裕層の一部の子どもは、親のカネでそうしたサービスをフルに活用し、外国の大学に潜り込む。そのため米国に留学している中国人学生の間で、「あいつは替え玉受験だろう」といった噂が立つことも少なくない。陳君も「僕の友人がコーネル大学に入学しましたが、決して出来のいい奴ではなかった。なぜ入学できたのか不思議です」と訝(いぶか)しむ。しかし、結局、そうした学生の多くは学業についていけず中退。尻尾を巻いて親元に逃げ込むことになる。

 14億人の中には、もちろん優秀な中国人学生もいる。だが外国に留学する中国人学生を見る限り、中国の若者はかつてとは大きく変わってしまった。親の溺愛とカネにどっぷり漬かった90后は、中国をどのように変えていくのだろうか。

筆者:姫田 小夏