歯ぐきの黒ずみを治したい!原因と治療法を知ろう

写真拡大 (全6枚)

 「歯ぐきの黒ずみが気になる」「笑った時に歯ぐきの色が良くない」そんなお悩みをお聞きすることがよくあります。

歯ぐきの黒ずみはその原因をしっかりと特定し、原因ごとに治療してあげることで改善することができます。

ここでは、歯ぐきの黒ずみの原因別に改善方法をみていきましょう。

歯ぐきの黒ずみの原因


〇金属の被せ物による歯ぐきの黒ずみ

まず一つ目が、金属の被せ物が原因で歯ぐきが黒くなるケースです。虫歯などの治療の際に、金属の詰め物や被せ物によって治療を行うと、時間の経過とともに金属が歯ぐきに溶け出して黒ずみの原因となります。

特に保険診療によって歯の治療を行った場合、金属の被せ物・詰め物を使用することが多いです。銀歯などの金属を使用した被せ物・詰め物が原因で、歯ぐきが黒く変色してしまう場合があります。

〇タバコによる歯ぐきの黒ずみ

タバコが原因で、歯ぐきが黒や青紫に変色してしまうこともあります。タバコに含まれるニコチンやタールといった成分は、歯ぐきにメラニン色素を定着させやすくします。

また、タバコを吸うことで身体の血管が収縮しやすくなり、血流が悪くなることで歯ぐきの色が悪くなります。

〇歯周病による歯ぐきの黒ずみ

歯周病が進行することで、歯ぐきが黒っぽく変色したように見えてしまう場合があります。

歯周病が進行すると内部で炎症が起こり、出血が起こります。炎症が起こることによって、歯ぐきが赤黒く見えたり、黒っぽく見えることがあります。

・今すぐ読みたい→
芸能人にも多いガミースマイル!原因と治療法を徹底解説 https://cocokara-next.com/lifestyle/causes-and-treatment-of-gummy-smile/

歯ぐきの黒ずみの治療法

〇金属が原因の場合はメタルフリーに交換する

金属の被せ物・詰め物が原因で歯ぐきが黒ずんでいる場合、金属の詰め物・被せ物をメタルフリーのものに交換してあげることで、黒ずみを解消することができます。

歯ぐきの黒ずみの度合いや症例によっては、歯肉切除を行う必要がある場合もありますが、メタルフリーのものに交換することで次第に歯ぐきの色が回復してくることを期待できます。

例えばセラミックによる治療では、金属の材料を一切使用しません。金属アレルギーが心配な方にも安心して治療を受けていただけます。

また、金属イオンが溶けだす心配がないため、時間が経過しても歯ぐきが黒ずんでしまうこともありません。セラミックは変色しにくい材質なので、色が黄ばんだり茶色くなる心配もありません。

いつまでも白くキレイなお口もとをキープいただけます。

〇歯ぐきを健康な状態にしてあげる

タバコや歯周病が原因で歯ぐきが黒ずんでいる場合、まずは歯ぐきと口腔内を健康な状態に戻してあげることが重要です。

タバコが原因の場合には、一日に吸うタバコの本数を減らしできれば禁煙しましょう。また、タバコを吸うことで歯周病のリスクも上がります。

歯ぐきの黒ずみだけでなく、口腔内の健康や口臭予防のためにもタバコを控えるようにしましょう。

歯周病が原因で歯ぐきが黒ずんでいる場合、歯科クリニックを受診し歯周病の治療を行いましょう。特に歯ぐきが歯周病によって黒ずんでいる場合、歯周病がかなり進行している可能性があります。

できるだけ早く歯周病治療を受けるようにしましょう。

まとめ

歯ぐきの黒ずみは原因ごとにしっかり治療することで、改善することができます。

当院では、金属の詰め物・被せ物をセラミックに変えられる患者さまが多くいらっしゃいます。

「歯ぐきの黒ずみを解消したい」「キレイな口もとを手に入れたい」など、お気軽にご相談ください。

[文:ホワイトホワイトビューティー東京(https://whitebeauty.tokyo/)]

監修:石井先生
店舗:恵比寿本店・LUMINE新宿店・LUMINE有楽町店

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

・今すぐ読みたい→
芸能人にも多いガミースマイル!原因と治療法を徹底解説 ​https://cocokara-next.com/lifestyle/causes-and-treatment-of-gummy-smile/