世界2位の快挙から20年……
今だから語る「黄金世代」の実態
第12回:石川竜也(前編)

 1999年3月15日、ナイジェリアワールドユース(現U−20W杯)本大会のメンバー発表の日。

 そのメンバーリスト18名の中に石川竜也の名前はなかった。

「事前のブルキナファソ合宿であまり試合に出られていなかったので、当落線上か入れない可能性が高いなと思っていました。どちらでもその決定を受け入れる気持ちでいましたけど、名前がなかったのはやっぱり悔しかったですね」


1999年ワールドユースについて振り返る石川竜也

 しかしその後、市川大祐が出場できなくなり、急遽、石川が招集された。

「僕が呼ばれた一番最後の選手でした。当時は学生だったし、失うものは何もなかった。自分の役割がどうか考えることはなかったですね。みんな、同世代だけど経験と個性があってレベルの高い選手が揃っていたので、僕がどうということより、みんなに引っ張っていってもらう感じでした」

 18番目の選手としてチームに合流した石川は、左サイドバックが本職であるが、トルシエが採用した「フラット3」の戦術下では左のウィングバックになった。そのポジションのレギュラーには、本山雅志が鎮座していた。キレキレのドリブルで仕掛ける本山は日本の攻撃のキーマンとなっており、欠かせない選手だった。そのため、石川は試合途中にクローザーとして投入されることが多かった。

 実際、グループリーグ2戦目のアメリカ戦は2−1で勝っている状況で、後半39分に本山に代わって出場した。3戦目のイングランド戦では、永井雄一郎の不調により、前半31分に投入された。

 この試合で、石川はチームを救う大仕事をやってのけた。

 前半39分、日本の右サイドで日本にFKが与えられた。石川がポイントに行くと小野伸二と小笠原満男がいたが、位置と距離から判断して、小野が「イシ君、蹴ったら」と提案してきた。石川は小野の提案にうなずいた。決める自信があったのだ。ピッチの一部の照明が落ち、異様なムードの中、石川は呼吸を整えた。

「間接FKで直接蹴れないので、(パスの直後にイングランドの)壁の選手が前に勢いよく出てくる。相手選手に当てないように蹴ろうと思っていました。ピッチの一部の照明が落ちていてGKが見えにくかったと思うんです。それでGKの反応が少し遅れて、しかもボールがうまく抜けていった。決めることができてよかったです」

 決勝トーナメント進出のために絶対に勝たなければならない試合での一撃は、価値ある先制ゴールになった。その瞬間、石川は、ベンチで喜ぶフィリップ・トルシエ監督のところに走って行き、抱き合った。

「なんでトルシエのところに行ったのか、自分でもわからないんですよ(苦笑)」

 石川は困惑した表情で、そう言った。

 実は、石川にとってトルシエは「やや苦手な監督」だった。

「トルシエは、練習は細かいし、気持ちを出せとか、とにかく厳しい(苦笑)。あまりにも言われ過ぎて、僕は『うるさい。もう帰るわ』って言ったこともありました。でも、トルシエは戦う気持ちとか自己表現とか日本人が足りないものを見抜いて、引き出すようにやっていた。そのことは自分もわかっていたし、2戦目とこのイングランド戦と自分を使ってくれたのもあって(監督に)行ったのかなぁと……」

 石川がトルシエと抱き合って喜んでいる中、ベンチにいたメンバーも大喜びしていた。18名中7人は必然的に控えになる。石川もそうだったが、控え組は腐ることなくチームを支えた。播戸竜二は「イシ君みたいにサブからポンと試合に出て決める。そういう選手がいるチームは強い」と言ったが、このチームの控え組は、途中出場してしっかり自分の仕事をこなしていたのだ。

「18名しかいないし、厳しい環境ではチームがひとつにならないと勝てないと思うんです。イングランド戦では僕がたまたま結果を出したけど、サブ組はみんな出たらやってやるという気持ちだったと思うし、チームが勝つために自分が何をしないといけないのかを考えてやっていた。そういうことが大事だし、そういう選手がサブにいるチームは強いと思います」

 石川はチームを盛り上げる播戸や氏家英行らを笑って見ていたが、控え組はひとつにまとまっていた。


控え組ながら、重要な役割を果たしていた石川。photo by Yanagawa GO

 その控え組のサポートを受けて、チームは決勝まで勝ち上がって行く。石川は決勝に至る中、ポイントとなった試合としてポルトガル戦を挙げた。

「決勝トーナメントの1回戦って、すごく難しいんです。しかもポルトガルは個の能力が高くて、本当に強かった。グループリーグとは違うレベルの高さを感じましたね。最後はPK戦までもつれたけど、南(雄太)が止めてくれると信じていました。同じ静岡県出身なので、昔から南のPK戦での強さを知っていたんです。その南が止めてくれて、ポルトガルに勝った。次のメキシコに勝ってこのまま行けるという思いが強くなって、ウルグアイにも勝った。決勝でのスペイン戦がすごく楽しみでした」
 
 チームは、ついに王手をかけた。

 このチームの主力である小野は、大会前から「優勝」を目標にし、「歴史を作る」と公言してきた。もちろん、全員が最初からそう考えていたわけではないだろう。だが、チームが勝ち進むにつれ、優勝の機運が高まっていった。石川は自分自身の考えに変化が生じ、大会前とは異なるムードをチームに感じていたという。

「グループリーグの頃は、まだ優勝のイメージを持っていなかったですね。でも、勝ち進むにつれて(現地の)環境にも慣れてきて、優勝の現実味も増してきて、自分も含めてみんなが『優勝したい』と強く思うようになりました。そうやって、チームがひとつになっていった。それがチームの成長だろうし、まとまりだと思います」

 決勝に至るまで、チームは苦しみながら勝ち進んでいったが、石川個人にとっては厳しい戦いを強いられていたという。環境面、とりわけ食事がなかなかフィットしなかったのだ。そのため、決勝の頃には開幕から4キロも体重が落ちていた。

「食事だけは苦労しましたね。日本食とかも出ていたんですが、『こんなもん食っているから負けるんだ。現地のものを食え』とトルシエに言われて。それは大会前までだと思うんですよ。本番はしっかりしたものを食べないと動けなくなる。現地で中華料理を食べた時はほんと幸せを感じましたからね。ナイジェリアを経験したあとは、多少のことではビクともしなくなりました」

 決勝戦当日、トルシエ監督は朝の散歩からいきなり練習をし始めた。

 そのため朝は軽食になり、昼寝をする時間がなくなった。昼は必ず試合前に食べるうどんなどの日本食もなくなった。石川は自分の経験とは真逆のことばかりする監督への違和感を最後まで払拭することはできなかった。

 それでも、スペイン戦がこのチームで戦える最後の試合になる。

「勝って、優勝したい」

 石川は心からそう思っていた。

(つづく)

石川竜也
いしかわ・たつや/1979年12月25日生まれ。静岡県出身。現在はモンテディオ山形のアカデミーグループスタッフ。藤枝東高→筑波大→鹿島アントラーズ→東京ヴェルディ1969→モンテディオ山形。