画像提供:マイナビニュース

写真拡大

「沼」という表現をご存じだろうか。抜け出せないくらい何かにどっぷりとハマっていることを示す言葉である。誰もがあるもの魅力に惹かれ、気が付いたら夢中になっていた経験はあるだろう。それは沼に落ちている状態だ。ゲームやアイドルから、食べ物や洋服まで、何でもハマってしまえばそこが沼になる。

沼にハマった女子たちは、その対象に時間とお金を注ぐ。よく海外に行く人、同じCDを何枚も買う人、いつもゲームをしてる人……中にはかなりの額を注いでいる人もいるが、実際のところいくらぐらいを使っているのか気になるところである。

そんな沼女子たちのお金事情を聞いたところ、月に使う額は「1,000円以上〜5,000円未満」「1万円以上〜3万円未満」円が同率で最も多い回答となった。様々なジャンルの沼女子たちがいるが、年間ではいくら使っているのだろうか。そこで今回はマイナビニュース女性会員500人を対象に、沼女子が1年間で沼に使う金額について調査してみた。

○ 沼にハマったことある?

まずは沼にハマったことがあるか聞いてみた。

約6割の人が沼にハマった経験があるとのこと。そこでどんなジャンルの沼にハマっていたのかも聞いてみた。

Q.あなたがこれまでにハマったことのある(現在進行形のものも含む)沼のジャンルをすべて教えてください

1位: アニメ(13.1%)

1位: バンド・アーティスト(13.1%)

3位: 漫画(12.5%)

4位: アイドル(男性グループ)(12.3%)

5位: ゲーム(10.6%)

上位5つに続いて、「コスメ・美容」(8.2%)、「俳優」(7.4%)、「スポーツ観戦」(5.9%)、「舞台(宝塚・2.5次元)」(5.1%)となった。

○ 年収はいくら?

1年間に使った額ということで、ざっくり年収を教えてもらった。

「400万円以下」(38.0%)が最も多い結果となった。「1,000万円以上」(14.0%)と、高年収の沼女子たちもいるようだ。

○年間でいくら使ってる?

それでは、年間にいくら使っているか聞いてみよう。

Q.あなたは沼にハマっている時、給与のうちいくらを沼に使いますか(過去に使っていましたか)年間総額でお答えください

1位: 1万円以上〜10万円未満(36.3%)

2位: 1万円未満(16.6%)

2位: 10万円以上〜20万円未満(16.6%)

4位: 20万円以上〜30万円未満(10.9%)

5位: 100万円以上(5.2%)

「1万円以上〜10万円未満」(36.3%)が最も多く、続いて「1万円未満」(16.6%)「10万円以上〜20万円未満」(16.6%)は同率という結果となった。半数以上の人が年間で10万円ほど沼にお金をかけていることが分かる。一方で5位に「100万円以上」(5.2%)が入っており、沼にかける熱量のほどがうかがえる。

○ 実際何に使った?

沼のジャンルで、お金を使う内容も変わってくる。ジャンルごとの声を聞いてみよう。

○■アニメ沼の声

・「円盤70万、グッズ20万、遠征5万」(北海道/32歳)

・「ライブのチケット代、交通費、グッズ代、雑誌、DVD、CD等、聖地巡礼など」(島根県/33歳)

○■声優沼の声

・「ドラマCD代、同人誌購入費用、キャラソン購入費用」(東京都/31歳)

・「ライブチケット代、遠征費、グッズ代」(福島県/39歳)

○■ゲーム沼の声

・「舞台(チケット代+遠征費用+グッズ代)、聖地巡礼の遠征費用、グッズ代、イメージアクセサリー制作費用」(大阪府/27歳)

・「通信費、課金代」(東京都/28歳)

○■漫画沼の声

・「同人イベントの参加費(サークル参加費・印刷費・交通費)、同人誌購入費」(栃木県/31歳)

・「チケット代、交通費、グッズ代、お土産代、書籍代、公式イベント参加費」(福井県/31歳)

アニメや漫画は関連が深く、沼の掛け持ちをしている人が多く見られた。アニメのキャラクターの声を演じる声優の沼にもハマったり、漫画がゲーム化して気が付いたらゲームの沼にいたり、広く沼に落ちてしまう分野なのかもしれない。アニメ沼のコメントにある「円盤」は「DVD・Blu-ray」などの映像作品を示す。声優沼の「キャラソン」は「キャラクターソング」を略した言葉。発売された映像や曲を買うことにお金をかけている人が多いようだ。

○■バンド・アーティスト沼の声

・「ライブのチケット代、遠征費用、グッズ代、CD代」(愛知県/27歳)・「ライブのチケット代、遠征費用、グッズ代、ライブやイベントで着る洋服、円盤、音源」(埼玉県/29歳)

○■アイドル沼の声

・「ライブのチケット代3万円、遠征費用5万円、DVD・CDの購入費用6万円」(茨城県/23歳)

・「ライブ、遠征費10万、聖地巡り(海外)15万、グッズ5〜6万」(北海道/30歳)

○■舞台沼の声

・「掲載されたすべての雑誌購入費用、オフィシャルのグッズやアパレル、DVD、CD」(東京都/39歳)

・「舞台観劇やグッズの購入、ファン交流会の出席」(神奈川県/37歳)

○■俳優沼の声

・「チケット代、遠征費、グッズ代、出演者への手紙やプレゼントなど」(埼玉県/32歳)

・「チケット代、遠征費20万、グッズ代5万、DVD、写真集5万」(神奈川県/36歳)

こちらは「グッズ」や「DVD」などの物だけでなく、「遠征」にもお金を使っているという意見が多く集まった。「遠征」とは、コンサートやイベントのために遠くの会場まで行くことを示す。コンサートを見るためには、チケット代だけでなく会場までの交通費がかかってくるようだ。中にはチケット代よりも交通費が高いという人も。遠征先での食事代やお土産代という回答もあり、沼のために遠くの地を訪れることは旅行のような一大イベントなのかもしれない。

その他の沼では、テーマパーク沼で「年間パスポート代とグッズ代、交通費」(千葉県/42歳)、美容・コスメ沼では「化粧品7万円、健康器具15万円、健康食品4万円」(岐阜県/19歳)などが寄せられた。

○ 沼は広い

様々なジャンルの沼の回答にあったのが「聖地巡礼」「聖地巡り」という言葉。物語の舞台となった土地を訪れることや、ロケや撮影で使った場所に訪れることを示すものである。聖地巡礼のために海外へ行ったという声もあった。実際にその場へ行き、空気を感じてみたり、思いを馳せてみたりすることが醍醐味となるのだろう。

また年間で見ると、ファンクラブや公式会員の会費という意見が多く寄せられた.沼の維持費として、毎年かかってくるお金があるようだ。

ひとつのジャンルでも、グッズや本、CDやDVDといった物から、コンサートやイベントといった体験まで様々な供給がある。自分の好きなものを選びながらハマっていく沼は、わくわくとした気持ちや非日常な体験を与えてくれる。沼にかけるお金は、幸せを感じるためのチケットなのかもしれない。

調査時期: 2019年6月20日〜25日

調査対象: マイナビニュース女性会員

調査数: 500名調査方法: インターネットログイン式アンケート