「目にも身体にも“優しく”空気を整えるデオドライザー: FETISH IN MIRROR WORLD #3」の写真・リンク付きの記事はこちら

湿度が高くなるこの梅雨の時期、外出先から戻ると部屋の臭いが気になることはないだろうか。

もちろん、除湿機やデオドライザー(消臭機)を使えば、そんな悩みも簡単に解決しそうなものだが、機能は充分でも部屋の景観を損ねないデザインを兼ね備えたものとなると、なかなか見つからない。

無骨なプラスチックの塊を置いておくくらいなら──という気持ちなるのも、わからなくない。そんな細部にまでこだわりをもったガジェットラヴァーにお薦めしたいのが、cadoのデオドライザー「PG-E620」だ。

シルヴァーのソリッドな質感と、ベースから2本のシリンダーが飛び出した独特なデザインのデオドライザーは、部屋の中で悪目立ちすることなく、その役割を果たしてくれるだろう。

もちろん、見栄えだけでない。超音波振動でミスト化された除菌消臭液剤を部屋の隅々にまで噴霧し、ひとたび細菌やウイルス、カビ菌やバクテリア、さらにはアルコールが効かないノンエンヴェロープウイルスに接触すれば、消臭はもちろん、わずか数十秒で99.9パーセント以上の除菌効果(接触即除菌)を発揮すると謳う。壁紙やソファのクロスなどに染み付いたタバコやペットなどの臭いも強力に分解してくれるというから、使うほどに部屋の空気がきれいになる──というわけだ。

デオドライザーは、得てして機能を発揮しようとするがために消臭・除菌剤が強力になり、小さな子どもやペットがいると安心して使えなくなるものが多い。PG-E620が使用する除菌消臭液剤は弱アルカリ性。揮発しないので刺激臭もしなければ、金属腐食や漂白もしにくいという。

使う場所とタイミングを選ばないところも、ガジェット好きの心に刺さるポイントのひとつだ。

シリーズ:FETISH IN MIRROR WORLD(1)“耳触り”のいいデザインコンシャスなヘッドフォン(2)遊び心と美しさを兼ね備えた、空中を浮遊する電球(3)目にも身体にも“優しく”空気を整えるデオドライザー