今週末、ダート重賞のGIIIプロキオンS(7月7日/ダート1400m)が中京競馬場で行なわれる。

 同レースの舞台が中京に移ったのは、2012年。過去7回のレースで、1番人気は2勝、2着2回、3着2回、着外1回と、軸としては安定した成績を残している。

 それでも、3連単は2016年を除いて、すべて万馬券。2012年には、12番人気のトシキャンディが大金星を挙げ、4番人気のアドマイヤロイヤルが2着、1番人気のファリダットが3着に入って、3連単は30万円オーバーの高配当となった。

 こうした傾向からして、1番人気+人気薄の伏兵といった組み合わせが、このレースで好配当をゲットするための有効な手段かもしれない。

 今年の1番人気は、おそらく昨年の覇者であるマテラスカイ(牡5歳)だろう。だが、日刊スポーツの松田直樹記者は、同馬に対して懐疑的な目を向ける。

「圧巻の逃げ切り勝ちを収めた昨年のマテラスカイは衝撃的でした。レコード勝ちとなった1分20秒3という時計は、芝のオープンでも勝ち負けになる走破タイムです。今年も2週前、1週前と、栗東の坂路で”らしさ”を見せる、4ハロン50秒台の猛時計を連発。連覇に向けての調整は、まさに順調といった雰囲気にあります。ただ……。

 ドバイ遠征(3月)帰り、というのが引っかかります。今年、ドバイに遠征した10頭のうち、帰国後に日本のレースを走った4頭は、すべて未勝利に終わっているからです。それも、アーモンドアイ、レイデオロ、スワーヴリチャード、ノンコノユメと、各部門でトップレベルに位置する馬ばかりで、それらすべてが負けている事実は重いです。

 ちなみに、14頭が出走した昨年も、帰国初戦で重賞を勝ったのは、ドバイターフ(UAE・芝1800m)で3着のあと、GIIIクイーンS(札幌・芝1800m)を圧勝したディアドラだけです」

 マテラスカイの能力は認めつつも、勝つまでには至らない――そんな松田記者の見解に乗るならば、マテラスカイを2、3着と考えた組み合わせで勝負するのが面白そう。では、逆転候補となるのは、どんな馬か。松田記者はこう語る。

「先手を取るマテラスカイに対して、ウインムート(牡6歳)やサクセスエナジー(牡5歳)あたりが”鈴を付けにいく(無理に競り合いにいく)”ようなことがあれば、マテラスカイが激流を生み出すことも考えられます。そこで、サンライズノヴァ(牡5歳)に大駆けの夢を見ます」


サンライズノヴァの末脚が炸裂するか

 重賞2勝のサンライズノヴァだが、今年に入ってからは、GIII根岸S(1月27日/東京・ダート1400m)8着、GIフェブラリーS(2月17日/東京・ダート1600m)7着、地方交流重賞のさきたま杯(5月29日/浦和・ダート1400m)4着と振るわない。そうした状況に、松田記者は不安を持っていないのだろうか。

「前走のさきたま杯は、不得手な小回りのうえ、540kg近い巨漢馬の休み明けと、走れる条件ではありませんでした。それでも4着にきているわけですから、巻き返しは十分に考えられます。

 サンライズノヴァは発馬が遅く、道中は常に後方。ですが今回は、むしろ出足の遅さがプラスに働きそう。厳しい流れに巻き込まれない分、それが(最後に)いいほうに出るのはないか、と見ています。

 全7勝中、重賞を含めて6勝を東京で挙げており、左回りかつ直線の長いコースでは末脚がハマる可能性が高いと踏んでいます」

 松田記者はもう1頭、サンライズノヴァと似たような脚質で、一昨年の勝ち馬であるキングズガード(牡8歳)にも注目しているという。

「デビュー当初からダート1400mを中心に使われて、この距離の戦績は8勝、2着9回、3着8回、着外4回。複勝率は、86.2%という安定感を誇ります。今回と同じ斤量56kgの際も、4勝、2着2回、3着1回、着外1回と、非常に信頼度が高いです。

 直近の2走は、斤量58kgを背負って連続3着。それより2kgも軽くなる今回、衰え知らずの強烈な末脚がハマってもおかしくありません。この中間は、ブリンカーを着用して、集中力を引き出すことにチャレンジしています。そうした点からも、不気味な存在と言えそうです」

 一方、デイリースポーツの大西修平記者は、2走前にオープン入りを決めたばかりのアディラート(牡5歳)を推す。

「昇級初戦の前走、欅S(5月25日/東京・ダート1400m)で4着と好走。以前に抱えていたゲート難が解消されたことと、ブリンカーが効いているのか、走りに集中できていることが、最近の好成績につながっています。以前ほど、揉(も)まれた状況での脆(もろ)さが見られなくなった点からも、精神的な成長が感じられます」

 重賞勝ちはないものの、昨年の3月にはドバイに遠征してゴドルフィンマイル(UAE・ダート1600m)で3着と健闘。3歳時には、UAEダービー(12着。UAE・ダート1900m)にも挑んだ素質馬だ。

「国内の重賞は初挑戦となりますが、格負けすることはないでしょう。テン乗りとなる酒井学騎手も、この中間は追い切りに乗って好感触をつかんでいます。

 中京コースは、3戦して1勝、2着1回(着外1回)という相性のよさも心強い限りです。発馬をしっかり決めて、流れに乗れれば、好勝負も可能と見ています」

 大西記者ももう1頭、ミッキーワイルド(牡4歳)の名前を挙げた。

「連勝を飾った近2走が好内容。とりわけ、前走の3勝クラス(旧1600万下)・麦秋S(6月2日/東京・ダート1400m)は圧巻でした。4馬身差の大勝で、持ち時計も大幅に詰めて、本格化を感じさせるものでした。

 今回はダート重賞初挑戦で、一気に相手は強化されますが、今の充実ぶりなら、十分に通用していいはず。好位でも、控えても競馬ができる自在性は強みで、中間の気配も申し分ありません」

 昨秋からダート路線に転向すると、7戦2勝、2着4回、3着1回。一度も凡走がなく、ダートでは底を見せていない。

「以前は、真っ直ぐ走れなかったり、もたれたりして、勝ち切れない甘さのようなものがありましたが、ここに来て、心身ともに成長。それら不安も解消されて、競馬の安定感は増しています。昇級で過剰人気にならなさそうなここは、大いに狙い目でしょう」 夏のボーナスをさらにアップさせてくれる馬が、ここに挙げた4頭の中にいるかもしれない。