操作ミスでLINEのすべてのデータが消失! 最後の難関「LINE Pay」の残高復活までの道のり

写真拡大 (全3枚)

以前、自分の操作ミスでLINEのデータをすべて消失した、という記事を書いた。結局は新しいアカウントを作る羽目になったわけだが、友だちリストは、さまざまな方法を駆使して、ほぼ問題ないほどに復旧できた。そして有料アイテムも、LINEのお問い合わせフォームを通して相談したところ、わずか2日ですべて復活して無事使えるようになった。

あとはLINE Payの残高だ。
LINE Payに関しては、有料アイテムとは別に問い合わせする必要がある。

1.問い合わせフォームから問い合わせる
まずは、お問い合わせフォーム(https://contact-cc.line.me/ja/)から問い合わせしてみる。


問題が発生機種やサービス、詳細について記載する


すると、記載した返信用メールアドレスに受付した旨の連絡が来る。
回答までには4〜5日かかると書かれてあるので、静かに待ってみたが、1週間経っても連絡が来ない。
それで、もう一度問い合わせフォームから同じように問い合わせてみた。
すると今度は、すぐに返事が来た。

内容を要約すると
・保有していたLINE Pay残高は、本人確認することで新しいアカウントに移行が可能
・過去に登録した銀行口座を再度利用したい場合は手続きが必要
・上記2点を行うための問い合わせ手順
このようなことが書かれていた。

早速、残高移行と過去に登録した銀行口座を再び利用するために、メールに書かれている手順で問い合わせをすることに。

2.免許証の画像や銀行口座の情報を送信
問い合わせ方法は以下の通り。

1)LINEの「ホーム」タブの「設定」アイコンをタップし、「ヘルプ」をタップ
2)「LINE Pay」−「その他」−「LINE Payに問題が発生しました」をタップ
3)文章内の「お問い合わせフォーム」をタップ

ここまで来て気付いたが、どうやらここで開く「お問い合わせフォーム」は、上記のものと同じもののようだ。しかし、そこに記載するべき内容を細かく説明してくれているので、とにかくそれに従って入力して送信することにした。

4)「カテゴリ」では「アカウント引き継ぎ」を、「詳細」では「その他」を選択
5)各項目を入力後、本文に「LINE Pay登録情報」「LINE Payに登録していた銀行口座情報」を記載し、運転免許証などの身分証の両面の画像を添付して送信

安心・安全のために、過去に登録した銀行口座を異なるアカウントへ移行することは基本的には制限しているとのこと。
これは、確かにセキュリティ的には、そうした対応は当然だろう。
しかしこうした制限も、きちんと本人確認を行うことによって、制限を解除することができる。筆者の場合、同じ口座を使いたかったので、この制限解除も併せて行った。

前回同様、記載した返信用メールアドレスに「回答までには4〜5日かかる」という旨の受付完了メールが届いた。

そして今回も根気よく待ってみた。が、1週間待っても返事が来ない。
そこでメールをよく見ると、オペレーターと直接トークをする方法が書かれていたので、それを実行してみることにした。

3.「LINE Payお問い合わせ」を友だち追加してオペレーターと直接トーク
「@linepayjp_support」というIDを検索し、「LINE Payお問い合わせ」という公式アカウントを友だち追加する。

そしてこのアカウントに「オペレーター」と入力する。
オペレーターに直接質問したい内容をいくつか選んでいく。
この辺は、ほかのメーカーや製品サポートの対応と同様で、混み合っていて直ぐにオペレーターには繋がらない。


混雑のため、なかなかオペレーターにつながらない


混雑でつながりにくいのは、ほかのメーカーやサービスのサポートと同様なので、時間帯や曜日を変えて根気よく何度かチャレンジしていると、やっとつながった。
受付完了メールに書かれていた受付番号を入力して、やり取りをした。

筆者の場合、お問い合わせフォームから2度問い合わせしているため、受付番号も2つあった。身分証や銀行口座情報を送信した受付番号とは違う、最初の受付番号をオペレーター伝えてしまったので多少混乱したが、結果は、その場で無事にLINE Pay残高が戻ってきた。
残高は3,000円ちょっとではあったが、失われるよりは戻ってくるほうが、数倍うれしいのは当たり前だ。

そして銀行口座の制限解除については、別途メールで連絡があるとのことだった。

こうして晴れてLINE Payも使えるようになった。
銀行口座の制限解除は少し先になりそうなので、3,000円ほどで当面はしのげばよい。
もちろんコンビニなどでもチャージできるので、いざとなればコンビニでチャージすることもできる。
ただ筆者は、LINE Payのチャージは、これまでもずっと銀行口座を利用していたので、焦らずに待つことにした。そのほうがしっくりくる。

4.銀行口座の登録制限解除完了メール到着
オペレーターとやり取りし、残高が無事戻ってきて3日後、銀行口座の登録制限解除手続き完了のメールが届いた。
さっそく口座登録し、銀行口座からチャージできるように設定した。

こうしてLINEの全ての機能は、消失前に戻り、移行が完了した。

LINE Payに関しては、最初の問い合わせから実に3週間強と、けっこう長くかかった。
その間にも、還元キャンペーンや松屋100円引きクーポンなどがあったので、筆者は指をくわえて見ているしかなかった。

問い合わせがスルーされていたり、同じ質問を何度も書いたりして少々イラついたこともあった。しかし、元はと言えば、
「自分のミスで失ったもの」だ。
それをサービス提供するLINEに復活させてもらったわけなので、最終的には、感謝している。

LINE Payは、この7月からセブン-イレブンでも使えるようになったので、これでどこのコンビニに行くかを気にしなくてよくなったし、お得な情報を常にチェックしながら、LINE Pay生活も再開だ。


執筆 内藤由美