夏の福島開催恒例の重賞、GIII七夕賞(福島・芝2000m)が今年は巡り合わせよく「七夕の日」となる7月7日に行なわれる。

 波乱の多い夏競馬の中でも、この七夕賞はとくに荒れやすい重賞とひとつと言えるだとう。実際、過去10年の結果を見ても、3連単の配当が100万円を超えた決着が2回もあるのだ。

 ひとつは、2015年。2番人気のグランデッツァが勝ったものの、2着に8番人気のステラウインド、3着に最低16番人気のマデイラが突っ込んで、3連単は100万6440円の高配当となった。

 もうひとつは、昨年。12頭立てのレースだったが、ブービー人気のメドウラークが大金星を挙げ、2着に4番人気のマイネルサージュ、3着に最低12番人気のパワーポケットが入って、3連単は256万3330円という超高配当をつけた。

 その他にも、11番人気のドモナラズ(2010年)、14番人気のアスカクリチャン(2012年)がレースを制すなど、大穴の激走例は多い。となれば、ここでは大胆な穴狙いに徹するほうがいいだろう。

 そこで、過去10年の結果を参考にして、今年のレースで波乱を起こしそうな穴馬を探し出してみたい。

「荒れる重賞のひとつ」と紹介しているが、その立役者となった馬たちをあらためて見てみると、高配当を生み出すのも納得の面々であることがわかる。というのも、近走の成績が振るわない馬たちばかりで、それらがこの舞台で突然好走しているからだ。

 しかも、それら激走馬に共通するこれといった材料が見当たらない。過去の実績、直前の傾向、性別や年齢、血統なども含めて、法則めいたものもほとんどない。それが余計に、高配当につながる要因になっているのだろう。

 それでも、波乱を演出した穴馬の多くに、ひとつだけ共通点があることがわかった。

 それは、”福島での芝レースが初”だったということだ。

 先述したアスカクリチャン、ステラウインド、メドウラーク、パワーポケットらもそうだった。さらに、2013年に14番人気で3着となったタガノエルシコ、2014年に10番人気で2着と好走したニューダイナスティ、2016年に11番人気で3着に入ったオリオンザジャパンなども同様だ。

 ということで、今年も狙うべきは”福島の芝レースが初めて”の馬だ。該当馬は、エンジニア(牡6歳)、カフェブリッツ(牡6歳)、クリノヤマトノオー(牡5歳)、ストロングタイタン(牡6歳)、タニノフランケル(牡4歳)、ベルキャニオン(牡8歳)、ロシュフォール(牡4歳)、ロードヴァンドール(牡6歳)と8頭いた。

 これらすべてを狙うわけにはいかないので、過去の傾向をもとにして、狙い目を絞っていきたい。

 再度、過去の結果に目を配ってみると、近年はダートを主戦場にしていた馬が芝の七夕賞に参戦。人気薄ながら、善戦しているケースが目立っている。先にも触れたオリオンザジャパン、パワーポケットがそのパターンだ。

 こうした例から今回浮上するのは、カフェブリッツだ。


七夕賞で重賞初制覇を狙うカフェブリッツ

 同馬は、デビューから一貫してダートで戦ってきた。それが、4戦前から一転して芝のレースに出続けている。その点では、直前のレースもダートだった前述2頭とは異なるが、ダートが主戦場だった、という点では近いタイプと見たい。

 一度はダートでオープン入りまで果たしたカフェブリッツ。芝転向後のレース内容も悪くない。初芝となった3勝クラス(旧1600万下)の逆瀬川S(2018年12月2日/阪神・芝1800m)でいきなり勝利を挙げると、続くオープン特別の万葉S(1月6日/京都・芝3000m)でも4着と健闘。さらに、GIIIダイヤモンドS(2月16日/東京・芝3400m)では3着と好走している。

 前走のGII日経賞(3月23日/中山・芝2500m)では、10着と惨敗。その結果とダート馬のイメージが強い分、ここでは上位人気は見込めないが、前走から相手が楽になる今回、巻き返しがあっても不思議ではない。要注意の1頭だ。

 残り7頭となった穴候補から、引き続き絞り込みを続けよう。

 実は、七夕賞は6歳以上のベテランが強い、という特徴がある。過去10年の1〜3着馬30頭のうち、半数以上となる17頭がそれに該当する。2015年や2018年などは、6歳以上の馬が1〜3着を独占している。

 その観点を重視すると、エンジニア、ストロングタイタン、ベルキャニオン、ロードヴァンドールの4頭に絞られる。

 また、七夕賞はハンデ戦らしく、斤量の軽い馬がその恩恵を生かして穴を開けているケースが多い。そうなると、57kgの斤量を背負うストロングタイタンは厳しいかもしれない。

 残るは3頭。そのうち、最もハンデが軽い(斤量54kg)エンジニアは外せない。

 昨夏にオープン入りしてから3着以内こそさないが、重賞で2度掲示板(5着以内)を確保するなど、それなりに奮闘している。大きく崩れたこともなく、何かきっかけひとつで上位争いを演じてもおかしくない。

 そのきっかけが”初の福島”ということも十分に考えられる。一発を期待したい。

 残る2頭、ベルキャニオンとロードヴァンドールはどちらも甲乙つけ難い。余力があれば、2頭とも押えていいと思うが、どちらかオススメするなら、ベルキャニオンだ。

 前走のオープン特別・メイS(5月18日/東京・芝1800m)は12着と大敗したが、これはほぼ半年ぶりのレースであり、仕方ないところ。休養前のオープン特別・キャピタルS(2018年11月24日/東京・芝1600m)では3着に入っており、オープンでの好走歴もある。

 そもそも、父ディープインパクト、母クロウキャニオンと、兄弟にも活躍馬が多い良血馬。叩き2走目の今回、大駆けの匂いがプンプンする。 まもなく夏休み。”荒れる”七夕賞でその資金を増やしたいところ。ここに挙げた馬たちが、その手助けをしてくれる可能性は大いにあると思う。