画像は7payホームページスクリーンショット

写真拡大

スマートフォン決済サービス「7pay」で不正利用が発覚したことを受け、運営するセブン・ペイは4日、記者会見を開いた。しかし、会見に臨んだ小林強社長が記者からの技術的な質問に曖昧な受け答えをしたことで、ネットでは同社のセキュリティ意識について不安視する声があがっている。

1日にサービスを開始したばかりの「7pay」だが、3日頃から登録したクレジットカードから不正にチャージされ、見に覚えのない高額決済があったという被害報告が相次いだ。セブン・ペイによると、4日6時時点で約900人に不正アクセスされた疑いがあり、被害額は約5500万円に上るという。セブン・ペイは記者会見を開き、「7pay」への全てのチャージと新規登録を停止するなどの対策を説明した。

しかし、記者会見に臨んだ小林強社長は、セキュリティを高めるための二段階認証を行っていない理由を問われると、「二段階認証…」と考えるようなそぶり。記者が二段階認証について説明をすると、「二段階うんぬんというのと同じ土俵で比べられるのか、違うあれかというのは、私自身が認識しておりません」などと答えた。

問題のセキュリティについて曖昧な回答を行ったことで、Twitterでは「アドバイスできる専門的技術者がなぜ一人も同席していないんだろう」といった不安の声が多数。「決済サービス会社の社長が二段階認証を知らない、だと?」「何かを言っているが何も言っていないスキルが高すぎ」「セキュリティ意識が低すぎ」などの呆れ声も寄せられている。