(左)中島岳志氏、(右)武田砂鉄氏

写真拡大

G20が終わり、参議院選挙が目前となった。今、自民党の本質とは何か? 安倍首相は何を考えているのか? 政治学者・中島岳志氏は最新作『自民党 価値とリスクのマトリクス』(スタンド・ブックス)で、9人の首相候補政治家の言葉・著作を分析した。今回、ライター・武田砂鉄氏との対談を企画。自民党政治家の言葉から見えてくるものとは――。

(構成:山本ぽてと、写真:杉山和行)

空虚だからこそコスプレセットを着込む

中島:新刊『自民党』では、安倍晋三氏、石破茂氏、菅義偉氏、野田聖子氏、河野太郎氏、岸田文雄氏、加藤勝信氏、小渕優子氏、小泉進次郎氏といった9人の首相候補政治家のインタビューや著作をもとに、彼らの発言を引用しながら、現在の自民党の姿と政治家たちの実像をあぶりだそうと試みています。

武田:『自民党』を読んでまず感じたのは、今、安倍首相がなにを考えているのか、私たちはもう何年も耳にしていないのかもしれない、という事実の危うさです。いま彼から放たれる言葉の多くは、彼自身の言葉ではない。そのほとんどが他者が用意した言葉であり、誰かを慮る言葉ばかりです。

(左)中島岳志氏、(右)武田砂鉄氏

中島:おっしゃる通り、安倍首相は自分の言葉を話していない。なんでも語っているようで、なにも語っていない。彼の言葉を表面的に理解するだけでは、見えてこないものがあります。

私が関心を持ったのは、2016年6月の吉祥寺での選挙演説です。反対派の人が押しかけて「帰れ」コールをしたのですが、今まで定式化されていたことを喋っていた安倍首相が我慢できなくなって、次のように言ったんですね。「私は子供の時、お母さんからあまり他人(ひと)の悪口を言ってはいけない。こう言われましたが、……妨害ばっかりしている人がいますが、みなさん、こういうことは止めましょうね、恥ずかしいですから」。

私は彼が口にした「お母さん」という言葉が、固められた言葉からは見えなくなっている部分で、ここに露出したナイーブな幼さと、高圧的なタカ派イデオロギーのアンバランスが、この人の本質だと思うんです。

これは安倍首相の思想と無関係ではありません。彼は母方の祖父である岸信介氏への思いが強い。自伝を読んでも、父親の安倍晋太郎氏のことは冷淡に書いていますし、父方の祖父で反戦の立場をとった政治家・安倍寛氏についてはまったく触れようとしない。

安倍首相が幼少期のころ、晋太郎氏は家を空けがちで、ほとんど遊んでもらえなかった。しかも兄のほうが勉強がよくできたため、父は晋三氏に冷たかったようです。出来の悪い息子だと言われてきた。それを擁護してくれたのが「お母さん」で、よく連れていかれたのが母方の実家、岸氏のいる家でした。その思い出が彼の根本にあるんです。

91年に父・晋太郎氏が亡くなり、晋三氏は93年に衆議院議員に初当選します。それ以前を調べてみても、政治的な考え方についての証言も、文章も出てこない。彼には固定化されたイデオロギーや思想はなかったんです。ただ、父が亡くなったときの追悼文が冷たかった。

彼が右派イデオロギーに染まっていくのは当選直後です。当時、自民党は野党でした。細川内閣は「侵略戦争であった、間違った戦争であった」と記者会見で表明し、直前には河野談話もありました。そこに反発した自民党の一部が「歴史・検討委員会」を発足し、安倍氏も参加するようになります。その後、中川昭一氏が代表を務める、歴史教科書問題や慰安婦問題を語る若手勉強会の事務局長になります。

彼はまっさらなので、スポンジのごとく考えを吸収し、あの言説が生まれていきました。吸収した背景にはもちろん岸をめぐる個人的な愛着があると思うのですが、確固たる思想があったわけではない。幼少期に持っていた屈折に、中川昭一氏らタカ派のイデオロギーが入ることによって出来上がったのが安倍さんなんです。

「ナイーブな幼さと、高圧的なタカ派イデオロギーのアンバランスが、安倍首相の本質だと思う」(中島氏)

武田:政界に入り、その「スポンジ」の中に刺激物を注入し、自分の言説をラディカルなものに仕立てていく。彼が政権を取ったあと、彼に迎合するように生まれた右派論客の刺激物の作り方に似ています。

青木理『安倍三代』(朝日文庫)を読むと、祖父・寛氏、父・晋太郎氏の章に比べ、晋三氏が薄味で驚きます。あちこち取材に出かけても、周囲は晋三氏についてあまり覚えていない。「いくら取材を積み重ねても」「悲しいまでに凡庸で、なんの変哲もない」と書き、晋三氏の空虚さが強調されていた。

中島:彼の言説を追うと、「コスプレ」だと感じます。思想があるのではなく、右派の「憲法改正」「靖国参拝」というアイテムをコスプレセットとして身に着けている。しかもそれは「保守思想」というよりも、「反左翼」で一致されたアイテムです。

武田:量販店に行くと、流行りに合わせたコスプレセットが売られていますよね。マツケンサンバが流行れば、マツケンのコスプレセットが売られたりする。「これを全部着込めば、ひとまず忘年会のステージに立てる」というもの。ああやってアイテムを急いで着込んだ人が、長らく日本のトップにいるわけですね。

小泉進次郎はなにを考えているのか

武田:とりわけ興味深かったのは小泉進次郎氏の章です。囲み取材での端的な発言や、その土地の名産を盛り込んだ選挙スピーチが上手い、などの面はよく知られています。選挙開票特番では、各局が彼を追いかけます。でも、彼が体系的になにを考えているのかについてはさほど知られていない。政治信条を注ぎ込んだ書籍があるわけでもない。

つまり、核となる考えが見えてこないわけです。見せないようにしている、とも言える。起きた事象に少し離れたところから言及することに卓越している。国民からの人気も高い。将来の首相候補として必ず名前のあがる彼に翻弄される日が来るかもしれないと思うと、この無思想が不安です。中島さんは進次郎氏に対し、「小泉さんがやるべきことは、自らの総合的ヴィジョンを整理し、本を書いてみることではないでしょうか」とのメッセージを送っています。優しい言葉遣いですが、彼にとってもっとも辛辣な指摘だと思いました。

核となる考えはないけれど、「体育会気質」と「アメリカ留学経験」が彼の根幹にあるという指摘にも頷きました。

中島:小泉進次郎氏の本質は、最近の農協や「こども保険」では見えません。彼の根っこには関東学院時代の野球部体験がある。

最近はほとんど語らないんですけど、当選直後はけっこう不用意に語っているんです。本でも引用しましたが、こんなことを発言をしている。

「たとえ、それが理不尽な要求であろうと、あの上下関係のなかで耐え抜いてきたというか、あの上下関係を学んできたということは、私は政治の世界にまだ半年ちょっとですけども、いろんな悩み、また理不尽な感じに対して、もっとストレスを感じていることが多かっただろうと思うんです。」(「小泉進次郎が初めて語るわが青春、わが自民党」『WiLL』2012年9月号)

武田:なんだか、日本大学アメフト部のタックル事件のようですね。「タックルしてこい」と言われたらタックルしなければならない、というような。

中島:むしろこうした気質だからこそ、被災地でウケた可能性もあります。何度でも被災地に足を運び、顔を覚えてくれると、人は感動します。こうした気質は自民党の強い部分でもありますよね。進次郎にはスマートなイメージがありますが、自民党の恐さと強さを持った人でもある。そして、アメリカ留学時代にジャパンハンドラーと言われる人たちと強い接点を持っている。アメリカに囲い込まれているんです。

「小泉進次郎の無思想が不安です」(武田氏)

どんな色にも染まる岸田文雄

武田:少し前に「ポスト安倍」と騒がれていた岸田文雄氏の章でも、同様のことが言えます。『自民党』を読みつつ反省したのですが、岸田氏の政界でのポジショニングだけは把握していたものの、どんな思想を持っているのかについて、一回たりとも考えたことがありませんでした。何を考えている人なのか、どうにも見えてこない。

中島:岸田氏は「宏池会のプリンス」と言われていて、安倍首相よりも冷静かつリベラルな思想の持主だと勝手にみなされていますよね。でも岸田氏を読むと、そんな発言はほとんど出てこない。その時々の権力者に合わせていくことの名人なんです。彼は空虚であることによって、自分を保っている人なので、リベラルとは言えない。とにかく芯がない。ある局面がきたら、どんな色にも染まる人です。

武田:会社の中間管理職にいたら、部下からもっとも嫌われそうなタイプですね。

中島:「宏池会は、憲法9条改正を考えない」と発言して、安倍首相に激怒されたら、「時代の変化に対応することも必要」と一転して主張を変えた。本ではこの「どっちつかず」な実態を書きました。

武田:彼自身は空虚なのに、「自民党の中でもリベラルな方にいるんじゃないか」と周りが想像する。周囲が想像で補填することで、空虚なのに輪郭が保たれている。

中島:岸田氏がまとっているイメージの生産と消費にみんなが乗っている状況です。特に大手メディアが「宏池会は復権するのか」と盛り上げている気がしますね。

この本では、リスクの社会化/リスクの個人化を縦軸に、パターナル/リベラルを横軸にして、各政治家をマッピングしました。安倍首相は典型的な犬砲い訐治家です。岸田氏は図の兇良分にいると考えられていますが、彼にはそれに相当する明確な発言はない。「なんにもない」ので、図の真ん中に置いています。

首相候補者たちのマッピング

自民党の多様性は過去の遺産か

武田:野田聖子氏も女性活躍への思い入れは頻繁に聞こえてきますが、いざ総理大臣を目指すとなると、安倍政権に対して自分をどう位置付けるのか、あまり多くは語られてこなかったことがこの本でわかりました。

中島:過去の発言を追うと、政治家の空白も見えてきます。なにを語れない人なのか。例えば、野田氏は歴史問題についてほとんど言及していません。安倍首相の強いところが、最も弱いのです。一方で野田氏は再分配や子育てに強いですが、安倍氏は弱い。ねじれの位置にいるからこそ、すれ違ってしまうのです。安倍氏を倒して首相になるためには、相手の強いところに乗り込まないといけない。

武田:相手の得意ジャンルに入り込んで討論することも必要になってくる。この座標軸を見て気がついたことがあります。安倍政権が「うまくいっている」とも思われるのは、犬个りに偏っているから、ではなく、あたかも全体的に網羅できているように見える、という点ではないか、と。様々な考えがあって自民党政権ができあがっている、実は柔軟な政党なのだ、という幻想を確認できる本でもあると思いました。

「安倍政権の長寿の秘訣は、イエスマンの確保ではなく、遊軍の確保だったのかもしれない」(武田氏)

中島:加藤勝信氏を政権のバランスを取るためにうまく使っていますよね。

武田:完全に遊軍ですよね。安倍政権を批判するとき、「イエスマンしかいない」とよく言われます。でも、自分のことを信奉する部下をただ集めたのではなく、「実は多様性がある、と見せつける仕事をしてくれる部下」を集めている。安倍政権の長寿の秘訣は、イエスマンの確保ではなく、遊軍の確保だったのかもしれない。

中島:イエスマンばかりだとこんなに長期政権になっていないと思います。人によっては「安倍首相はタカ派だけど、幼稚園無償化するならいいかな」とブレーキがかかるわけです。安倍さんは巨大な空白だからこそ、そこを加藤氏が埋めることもできる。

今の自民党が多様な組織なのは、80年代〜90年代の当選者が有力者になっているからです。当時の自民党は、河野洋平氏や野中広務氏のような人が自民党の中枢を握り、多様な人材を自民党に入れていた。多様性は、かつての自民党が作った遺産であり、そのころの保守本流が偉かっただけです。その遺産の上に、極右がうまく乗っているだけで、これからは崩壊していくでしょう。

というのも、今の自民党の半分近くが一回生から三回生です。つまり安倍首相中心の執行部が選んだ人が半分を占めるようになってきている。この人たちが有力者になったら、10年後には犬亮瓦某佑固まっていく政党になると思います。今は自民党に多様性のある最後の時代だとも言えます。

では、野党はこれからなにをするべきか。犬離勝璽鵑房民党が収れんしていくのであれば、選挙で勝つために兇離勝璽鵑鯤厚くしていき、それを左翼用語で語らないことが重要です。

しかし、2017年に民進党は、なぜか犬両池百合子都知事と組んで「オール・フォー・オール」と言い出し希望の党と合流してしまった。「この政党のやりたいことがわからない」と国民だって思うでしょう。この図で示したかったのは、斜めと組んではいけないということ。野党は兇離勝璽鵑鬚匹Ω任瓩襪里、ぜひ戦略を練ってほしいですね。

ヤンキー気質に応える山本太郎

中島:同じ手法で、今は野党の政治家について書いています(「中島岳志の『野党を読む』」)。その中で山本太郎氏(第3回)について書いたのですが、2年前の枝野現象と、今の山本太郎現象の同一性と差異を感じています。

同一性は、ひとりで大きなものに立ち向かっていることへの共感です。枝野氏は非常に理知的な人で、「政策新人類」と呼ばれた。そんな人が、理知的な判断ではなく「行くしかない!」と、はじめてジャンプした瞬間なんですよね。そんな姿に、人は感銘を覚えて「応援したい」と思った。

山本太郎氏も消費税減税を訴え、「れいわ新選組」をひとりで立ち上げた。その部分への共感は枝野現象に似ています。ただ面白いのは、山本氏にシンパシーを感じている層が、枝野氏を支えた層と違う。

武田:どのように違うのでしょうか。

中島:山本太郎の支持者の約4分の1は、立憲民主党の支持者です。同じ約4分の1は自民党支持者で、その背景は二つあります。ひとつは消費税増税に反対しているリフレ派の人。これは少数ですよね。私はもうひとつの、農協、青年会議所、商店街にいる地方のマイルドヤンキー層に注目しています。

TPPがあり、進次郎氏は「農協をつぶす」と言っている。消費税増税は商店街に打撃を与えます。昔から地元の自民党市議会議員を支えていて後援会にもかかわっているから、選挙では「自民党」と書くけれど、「俺たち、自民党の政策にやられているよね」と感じているのではないか。

そんな時に、あのガタイのいい山本氏が「ちょっとおかしい」「弱いものをいじめてどうするんですか」と熱く語っているのは、ヤンキー気質に応えると思うんです。この層がぐらぐらと動いている。

「山本太郎の情熱が自民党の支持層を崩してしまう可能性がある」(中島氏)

武田:れいわ選組のポスターには「みんなに忖度!」とある。「最近、自分たちの言うことを聞いてくれていない」と感じている地方の自民党支持者が、あの熱量でやってきた山本に、「おっ、こっちの話を聞いてくれるのか」と身を乗り出すかもしれない。

中島:今の自民党を崩す可能性を秘めているのは、共産党なのではないかと僕は考えていました。現在の共産党の発言は、かつての保守本流に近いですから。共産党の理知的なものが、むしろ保守的な自民党層に浸透する可能性があるのではないかと。

でも共産党は、大衆的・庶民的に見えない。兇離勝璽鵑呂匹海エリート臭がするのが弱点なんです。エリートの再配分の理論は、見る人によってはキレイごとに見える。旧民主党系のリーダーになっている枝野幸男氏、玉木雄一郎氏はマルチでなんでも知っていて、あらゆる分野で提言ができる。理知的ですが、ヤンキー気質に応えるわけではない。対する犬龍さはヤンキー気質に応えます。

山本氏は、理知的な判断よりも、むき出しの情熱が上回っているように見える。この情熱が自民党の支持層を崩してしまう可能性がある。これは新しい現象だなと思います。山本氏が正論を吐けば、ついてくる層がいる。兇離勝璽鵑紡臀粟治家が現れた。

武田:これから、犬稜仕戮上がっていくのは仕方ないとしても、安倍政権がI〜犬魄豈、すべて網羅しています、と言い張るときに、野党がどう勝負を挑んでいけるのか。たしかに、山本太郎氏vs岸田文雄氏という個の対決ならば、山本氏が勝ちそうな気がするけれど。

「令和おじさん」とさらなる空虚

中島:これから政権内で明らかに起こるのは、菅義偉氏へのシフトです。「菅伝説」は引きはがさなければいけないと思っています。秋田から出てきて苦労して、段ボール屋で働いただとか「叩き上げ」の人物として書かれます。でも彼の実家のイチゴ農家は非常に裕福で、強烈な父の影響下にいるのが嫌で出てきたので、集団就職して苦労した、という感じではありません。裕福な家庭の中で、親に進路を決められるのが嫌で逃げてきたタイプ。

かつ、この人は「令和おじさん」ではなく「値下げおじさん」だと言えます。彼のやっている政策は、大衆迎合です。

武田:今回の本の中でも、菅氏の政策がポピュリズム的だと繰り返し書かれていますね。

〔PHOTO〕gettyimages

中島:最初に東京湾アクアラインETCを値下げして、実験がうまくいったと思ったのでしょう。大事な場面で度々値下げを行うようになります。NHKの料金を値下げし、ふるさと納税を行い、沖縄に対してはディズニーやUSJを誘致しようとし、最近は携帯電話の値下げに着手しています。このポピュリズムが菅にある。安倍氏よりももう一段難しい人だと思うんです。

武田:彼が総務副大臣だったときに、誰から評価を受けていたかといえば、竹中平蔵氏だった。

中島:彼の唯一の著書は、官僚をどうコントロールするのかを書いたもので、人事権を握り官僚をどう忖度させるのかに自覚的であることがわかります。

「人事権は大臣に与えられた大きな権限です。どういう人物をどういう役職に就けるか。人事によって、大臣の考えや目指す方針が組織の内外にメッセージとして伝わります。効果的に使えば、組織を引き締めて一体感を高めることができます。とりわけ官僚は「人事」に敏感で、そこから大臣の意思を鋭く察知します。」(『政治家の覚悟−官僚を動かせ』)

武田:それでいて、菅氏はこうも発言していますよね。

「正直言うとね、国家観というものがそれまで私になかったんです。安倍さんの話を聞いて、すごいなあと」(「ぬるま湯ニッポンを大改革する 安倍政権の大番頭 菅義偉官房長官」『サンデー毎日』2014年1月5-12日号)

自分ならでの国家観を築き上げてきたわけではない。むしろ、そんなものは自分にないと率先して吐露していた。

武田氏はこの日、ピンク・フロイド「The Dark Side of the Moon(=狂気)」Tシャツを着用。同アルバムには「The Great Gig in the Sky(=虚空のスキャット)」という曲も収録されている。

中島:安倍首相に対して、半分馬鹿にしている言葉だとは思います。そもそも菅氏は、国家観のような価値に対してはあまり興味がない。人をどうコントロールするのか、その一点だけです。官僚を服従させ、大衆を操作する。そのためには値下げでもなんでもやる。

武田:そう考えると、安倍首相の中には、借り物だったり、極端だったりするとはいえ、ひとまず「考え」というものが存在している。でも、菅氏にしろ、進次郎氏にしろ、「考え」そのものが見えてこない。安倍氏ならばどこを議論したらいいのかがわかる。しかし、菅氏や進次郎氏は議論する点が曖昧であり、流動的です。彼らがこのまま政権を握るのならば、安倍政権とは異なる恐ろしさがありますね。

中島:『ViVi』の広告(※)が話題になりましたが、空虚だからこそ、自民党は広告的手法に親和性があるんです。この空虚さをとらえるためには、思想史とは違うアプローチが求められていると思います。政治思想が扱えない思想、今はそれが政治になっているんです。

つづきはこちら:安倍政権について何を書いても「正論」になってしまうという現実

※2019年6月10日、講談社の女性誌『ViVi』がWEB上で自民党の広告記事を掲載したことが話題になった。この対談は6月12日に行われた。