政策のない自民党と、エッジの立った政策をぶつける野党統一候補の一騎打ちとなった参院・宮城選挙区の面白さ

写真拡大

◆「野党が具体性が欠ける」は本当なのか?

「野党は反対ばかり」、「対案を出せ」――。

 もはや常套句のように使われるようになったこの言葉だが、果たして野党側には本当に「対案」や「具体的な政策」がないのだろうか?

 当然のことながら否、である。この種の愚かな「印象操作」を覆す好例が、目前に迫った今年の参院選の最前線で、繰り広げられている。

 祖父・愛知揆一、父・和雄と三代続く強固な地盤を引き継いだ自民党の愛知治郎候補予定者と、地元エフエム仙台のパーソナリティを経て、今回初めて立候補となる立憲民主党公認の石垣のりこ候補予定者の一騎打ちとなっている宮城選挙区が、その現場だ。

「世襲」の「男性」という既得権益ド真ん中のような現職候補を相手に、「全くの新人」で「女性」である野党候補が挑むというのが、今回の参院宮城選挙区の構造。ここまで明確な対比もなかなかないだろう。しかも、「新人女性候補」は、エッジの立った政策を矢継ぎ早に訴え続け、「世襲現職男性候補」が有効な反論を成せていないというのだから、驚きだ。なぜここまで鮮やかな対比が生まれたのか?

◆一介の新人女性候補が打ち出す「具体的政策」

 その謎を解く鍵を、とある東北在住ツイッターユーザが、地元有権者ならではの視点で投稿した連続ツイートに見つけた

 ひとまず、そのツイートの内容を見てみよう

“参議院選挙の注目選挙区である宮城県。その与野党各立候補予定者の政策パンフレットを入手しましたので政策各論について画像付きで比較しました。投票日は7月21日。検討の一助になれば幸いです。”

“●消費税・税制
【愛知治郎】
言及なし。※10月に迫った消費増税は自民党の方針だが説明等もなし。

【石垣のりこ】
「あげるべきは賃金であって消費税ではない」財源は法人税と所得税。消費税はゼロでもよい。欠陥のある税制に言及”

“●復興政策
【愛知治郎】
「復興のその先へ。災害から国民を守る」具体的解説なし。神社で復興の祈願をしています。

【石垣のりこ】
「復興をあきらめない」まだ復興が終わっていないという事を見据え、アグリファースト(農業振興)、過疎化・困難に直面している方々や事業への支援に言及。”

“●エネルギー政策
【愛知治郎】
「エネルギーの安全保障」内容について説明なし。原発への言及なし。

【石垣のりこ】
「原発ゼロの社会を目指して」女川原発のある宮城県。その県民の声をくみ取り、原子力ありきのエネルギー政策を見直すとしています”

“●多様性と人権
【愛知治郎】
言及無し

【石垣のりこ】
「多様性は社会を強くする」差別をなくす、人権を守ることは、社会を強くすることと説明。日本が世界的に立ち遅れている点を指摘し、世界標準の人権意識を日本に根付かせることを目指す”

“●少子化対策
【愛知治郎】
「子どもを守り抜く」
具体的言及なし

【石垣のりこ】
「大人が余裕を持とう」子どもの貧困解決のため、賃上げや長時間労働の解消が必要と主張”
(以上、Tad氏のツイートより)

 編集部は実際にこれらのツイートを検証すべく、愛知・石垣両陣営の政策が書かれたパンフレットを入手。より詳細に渡り検証してみることにした。

 前掲のツイート群ですでに「世襲男性候補」と「新人女性候補」のどちらが優秀かは明確ではあるが、実際に自民党・愛知候補のパンフレットに目を通すまでは、軽々しく判断を下すわけにいかない。 そこで編集部は仙台に急行。両陣営のパンフレットを入手し、比較を行ってみた。

◆愛知治郎候補のパンフレットに書かれていたこと

 まず愛知治郎陣営のパンフレット。「政策」と書かれた部分では、次の4つの項目が書かれていた。見やすく、目立つデザインではある。