©テレビ朝日

写真拡大 (全3枚)

古都・京都を舞台に、寺島進演じる型破りな医師・大藪彦次郎(おおやぶ・ひこじろう)が活躍する人気シリーズ『ドクター彦次郎』。

その第4弾となる最新作が7月4日(木)に放送される。

◆医師なのに医師には見えない…ハチャメチャ男!

©テレビ朝日

『ドクター彦次郎』は、タコ焼き屋台の店主から転身した異色の人情派ドクター・大藪彦次郎が、医師ならではの着眼点から謎を解いていくミステリー。

主人公の彦次郎は、強面な上にガラッパチな言動が災いし、初対面の人物にはまず医師だと信じてもらえないものの、医者としての腕は超一流。

人間の持つ自然治癒力を大切にし、診察はもちろん、悩み事相談や夫婦ゲンカの仲裁まで患者の問題にとことん真剣に向き合い、街の人々から“彦ちゃん”とよばれ親しまれている。

©テレビ朝日

寺島はこのシリーズについて、「いままでにないほど“寺島進らしい部分”が出たシリーズだと思っています」と格別な愛着を持っていることを話す。

寺島本人が考える、寺島進らしさとは?

寺島:「それはやっぱり“人情味”ってことかな。世知辛い世の中になってしまったからストレスが溜まっている人も多いと思いますが、ストレス解消にはもってこい! とにかく元気が出るドラマです」

このようにシリーズの魅力を猛アピールしている。

これほどまでに寺島が思い入れを語るシリーズの最新作は、アレルギーを装って脅迫する元医療ジャーナリストが殺され、彦次郎と旧知の飴職人・三島茂(高橋長英)が容疑者になる…というストーリー。

しかも、彦次郎が想いを寄せる旅館の女将・小川志乃(黒谷友香)に、医大時代の同級生で“スーパードクター”とよばれる脳外科医・高梨英一郎(山口祥行)がプロポーズ!?

はたして、タコ焼きドクターVSスーパードクター、どちらに軍配? 人気ナンバーワン病院に隠された“闇”を、彦次郎が暴いていく。