「まず、ウルグアイという世界の強豪と、南米で戦い、負けなかったという点を強調したい。日本は可能性の高さを見せつけた」

 スペインの名門、レアル・ソシエダで強化部長などの要職を歴任し、フアン・マヌエル・リージョ(元ヴィッセル神戸)、ウナイ・エメリ(アーセナル)ら多くの指導者に影響を与えてきたミケル・エチャリ(72歳)は、コパ・アメリカで日本がウルグアイと2−2で引き分けた試合について、こう述べている。

「ウルグアイは、ヨーロッパのトップクラブでプレーする有力選手を多く擁するチーム。戦術的に4−4−2が確立され、ディエゴ・ゴディン、ホセ・ヒメネスのセンターバックコンビは(昨シーズンまで)アトレティコ・マドリードでも一緒で、堅牢さを誇っている。2トップは世界的ストライカーのルイス・スアレス、エディンソン・カバーニ。コパ・アメリカでも優勝候補のひとつだったし、世界のどの代表も一目を置く存在だ」

 エチャリは、そのウルグアイと互角に渡り合った日本の戦いを賞賛した。

「三好康児(横浜F・マリノス)は個人的に印象に残った。2ゴールだけでなく、戦術的な役割を果たしながら、右サイドを中心に技術の高さを見せていた」

 健闘した日本の戦いを、エチャリは詳細に振り返った。


ウルグアイ戦で2得点を決めた三好康児

「日本は4−4−2を選択し、果敢に挑んでいる。ウルグアイとのミラーゲームは、ひとつの賭けだったかもしれない。3−4−2−1も考えられたはずだが、結果的にこの決断は功を奏した。

 開始早々、日本はボランチの板倉滉(フローニンゲン)が中盤で不用意にボールを失い、スアレスにロングシュートを打たれ、肝を冷やしている。しかしその直後、三好が右サイドを崩し、クロスを岡崎慎司(レスター)へ。右足で合わせたシュートはわずかに右外へそれたが、すぐに反撃を仕掛けて怯んでいない。

 ウルグアイは、ビルドアップから優位を得ようとしていた。ボランチのルーカス・トレイラが、司令塔役としてボールを引き出そうと下がってきた。ただ、日本にフタをされた状況で、効率的に試合を組み立てられていない。

 日本は前線からのプレスが機能していた。バックラインと中盤の間を、岡崎、安部裕葵(鹿島アントラーズ)、中島翔哉(アル・ドゥハイル)、三好が分断。ボランチとセンターバックも連係し、スアレス、カバーニを孤立させている。日本は各ラインで堅固に守ったことによって、攻撃も回している。

 左サイドを安部が持ち込み、クロスに岡崎がヘディングで飛び込んだシーンは、両者の呼吸が合い、非常に質が高かった。日本の選手は、技術と俊敏さを見せた。カウンターを受けてカバーニのクロスをスアレスに叩かれたが、これは川島永嗣(ストラスブール)が守っている。激しい攻防でも日本は後手に回っていない。

 そして、先制したのは日本だった。前半25分、右サイドの三好は相手を左足で動かした後、巧妙に縦へ持ち込み、素早く右足を振る。GKの逆を取って、シュートをニアに叩き込んだ」

 エチャリは先制点の場面を賞賛した。

「まず、柴崎岳(ヘタフェ)が相手の裏を取るように、向きを変えるパスを右サイドへ送っている。ビジョンと技術が光るプレーだった。これによって、三好はアドバンテージを持って、ボールを持ち運ぶことができた。そして同時に、岡崎も中央で駆け引きし、クロスを呼び込む動きをしている。三好の個人技術は抜きん出ていたが、各自の戦術的判断も際立っていた。

 ウルグアイ戦で三好と同様に特筆すべきは、岡崎のプレーだった。

 岡崎は戦術能力が突出して高い。守備のタイミングにも優れ、戻るべきところでは戻って、プレスバックで味方を支援していた。プレッシングの強度も高く、2度までボールを奪い取り、ショートカウンターを発動させている。また、シュートポジションに入るのも速く、うまい。ターンも鋭く、とても集中していた。いつもの彼ならゴールしているパターンを外していたのは残念だったが……」

 エチャリは選手個人について所見を語りながら、試合を細かく分析した。

「日本は前半32分にVAR判定でのPKから同点にされている。その後は、ウルグアイペースになりかけたことで、裏にボールを入れる形でリスクを避け、セカンドボールを拾う形に切り替えた。柴崎はこぼれ球をミドルで狙っている。

 後半になって、日本は再び攻勢に出る。この間、中島の突破に対し、明らかなファウルがあったが、主審は笛を吹いていない。日本は攻撃のインテンシティで優っていた。柴崎を中心に攻撃を組み立てながら、ゴールに迫った。

 そして後半14分には再びリードしている。左サイドで、杉岡大暉(湘南ベルマーレ)と中島で深さを作る。杉岡のクロスにニアサイドで岡崎が潰れ、GKフェルナンド・ムスレラがボールをこぼしたところを、裏で待っていた三好が押し込んだ」

 日本は勝ち切れる展開だったが、それを逃した。後半21分、左CKをヒメネスがヘディングでシュートし、日本は同点にされたのだ。

「冨安健洋(シント・トロイデン)がマーカーだったが、好ポジションを取られてしまった。ただし、日本はその前から、攻撃の勢いを増したウルグアイに押されていた。スアレスに技巧的ボレーを打たれるなど、劣勢は明らかだった。

 終盤の日本は疲労の色が強く出ていた。スアレスのシュートがバーを叩いたほか、ボールロストし、危ういカウンターも浴びた。最後は明らかに強固さを失っていたと言えるだろう」

 エチャリは厳しく指摘しながら、最後は賛辞で締めくくった。

「日本は強豪ウルグアイと五分の戦いを見せた。充実した攻守だったと言える。目立った選手もおり、エクアドル戦でノックアウトステージに勝ち上がる可能性を残した」
(つづく)