豪シドニー近郊にあった水族館のシロワニ(2012年12月14日撮影、資料写真)。(c)GREG WOOD / AFP

写真拡大

【AFP=時事】豪シドニーの人気ビーチで2日、海水浴客の男性が「概して無害」とされるサメに襲われて負傷した。

 ニューサウスウェールズ(New South Wales)州の警察によると、50代半ばとみられるこの男性は「背中にかみ傷、脚と腹部に傷」を負い、病院で手当てを受けているという。

 同日午前6時ごろ、シェリービーチ(Shelly Beach)で友人らと海水浴中、何かにかまれた気がしたという男性は「近くの岩まで泳ぎ、声を上げることができた」と警察は説明している。

 同州政府によると、専門家らが男性の傷の写真を分析した結果、襲ったのは「概して無害とされるシロワニだと考えている」としている。

 サメの一種のシロワニは通常、海底に生息している。体は大きく、口にはギザギザした歯がずらりと並んでいるが、人を襲うのはまれ。

【翻訳編集】AFPBB News