突然、北海道の柴田家に、なつ(広瀬すず)と咲太郎(岡田将生)の妹、千遥(清原果那)がやってきた。その夜、晩ごはんの食卓には、いつものようにたくさんのおかずが並んでいる。

おかあさんの富士子(松嶋菜々子)が「千遥ちゃん、これ、なつも好きだったのよ」とすすめ、千遥の緊張を和らげるようにもてなした。すすめられるがままに食事をする千遥。千遥は、富士子や剛男(藤木直人)、そしてじいちゃんの泰樹(草刈正雄)の温かいやりとりから、なつがここで幸せに暮らしていたことを察する。

泰樹じいちゃんがびっくり提案!あした朝起きて・・・

「ありがとうございます。なつ姉ちゃんがみなさんに良くしてもらっていたことが伝わってすごく嬉しいです」と千遥は明るく話していたが、「私は・・・」とこれまでの思いがこみ上げて涙ぐむ。そして、これまであった辛いこと、苦しかったことを柴田家の面々に打ち明けた。

千遥の話に見な言葉もなかったが、じいちゃんが「あす、朝早く起きて牛の世話をやったらいい。なつもそうして成長してきた」と提案した。千遥は泰樹の大きな優しさが嬉しくてたまらず、翌朝、早起きをして酪農を手伝いはじめた。(NHK総合あさ8時)