世界2位の快挙から20年……
今だから語る「黄金世代」の実態
第11回:榎本達也(前編)

「行きたくありません。(代表は)辞退させてください」

 1999年ワールドユース(現U−20W杯)・ナイジェリア大会に挑むU−20日本代表のメンバーに選出された時、榎本達也は所属クラブの担当者にそう言った。

 この大会への出場を熱望しながら、ケガや予防接種を受けていないなどの理由でメンバー入りできなかった選手が多数いる一方で、榎本の気持ちはワールドユースにはまったく向いていなかった。

「今思えば、自分勝手な考えですし、甘かったなと思います。でも、その時は『行きたい』と思えなかったんです」

 もちろん、榎本がそう思ったことには理由がある――。


1999年ワールドユースについて語る榎本達也

 ワールドユースの出場権を獲得した前年のアジア予選において、1次、最終予選ともに榎本が正GKを務めていた。

「僕は(年代別でも)初めての代表だったんですが、みんな『アジアユースを勝つのは当たり前』と思っていて、その先を見ている選手が多かった。とにかく、上へ、上へと追求している選手が多いのが印象的でした。(小野)伸二とか、個性の塊のようなメンバーばかりで、個々の能力が非常に高くて、試合をしていてもすごく楽しかったです」

 日本は最終予選を勝ち抜いてワールドユースの出場権を獲得した。しかし、決勝の韓国戦は1−2で敗れた。日本に対して目の色を変え、泥臭くハードな戦いを見せる韓国から、榎本は得体の知れない強烈な”圧”を感じたという。

「韓国は日本に対しては、死に物狂いで向かってきた。李東国(イ・ドングク)をはじめ、韓国はいい選手がいたんですが、自分たちもそれに負けないぐらいのメンバーがそろっていた。それだけに、『このメンバーでも勝てないのか……』と茫然としました。

 日本(の選手)はまだ、Jリーグで試合に出ている選手が少なかったし、追い込まれたなかでの実戦経験が乏しかった。僕も、韓国の選手がそれまで(に体験してきたもの)とは違ったレンジからシュートを打ってきたりして、そういう経験をしてないことを痛感させられた。『(自分は)まだまだ足りないな』と思ったけど、そう思えたことがすごく大きな収穫になった。それで、ワールドユースで『もっと勝負したい』『もっとうまくなりたい』という気持ちが大きくなっていったんです」

 アジアユースでは正GKの榎本だったが、所属の横浜マリノス(現横浜F・マリノス)に戻れば、公式戦での出場機会はほとんどなかった。チームには、日本代表の正GKも務める川口能活という絶対的な存在がいたからである。

「(所属クラブには)能活さんがいたので、僕はそこを目指していかないといけない。でも現実は、能活さんと競うレベルにもいっていなくて、試合に出られるのはサテライトか、練習試合しかなかったんです。アジアユースで得た課題があったので、『それを何とか克服したい』『さらにうまくなりたい』と思っていたのですが、そのための実戦経験はなかなか積めませんでした。正直、『移籍したほうがいいかな』と思うこともありました。この時は、かなり苦しかったですね」

 榎本にとって、課題を得て、成長できる時期にあったが、マリノスで出場チャンスを得ることは難しかった。そういうなかで、年代別の代表チームでの活動は、当時の榎本にとっては唯一、実戦経験を積み、自分の力を磨き、結果を追求できる場だった。

 それゆえ、ワールドユースは非常に楽しみにしていた。

 だが、ワールドユース出場を決めたあと、A代表のフィリップ・トルシエ監督がU−20日本代表の指揮官も兼任で務めることとなり、榎本を取り巻く環境が一変した。さらに、1999年大会からレギュレーションも変更され、年齢をクリアしていれば複数回出場が可能になったため、前回大会にも出場したFW永井雄一郎とGK南雄太が本大会に臨むメンバーに選出されたのだ。

 トルシエ監督がビデオ映像を見て、すぐさま招集を命じたふたりは、アジアユースを戦ったメンバーを乗り越えて、一気にレギュラー候補となった。

「2月のブルキナファソ&フランス遠征には(南)雄太がいて、これから競争になるだろうし、自分は『もっとやらないといけない』と(気持ちに)火がつきました。自分が(試合に)出られなくなるかもしれなかったんですけど、(南と)勝負するのは楽しみでもあったんです。

 でも(実際は)なかなか勝負させてもらえないというか、ほとんどチャンスを得られないまま(遠征が)終わってしまって……。『なんだよ』って、思っていました」

 トルシエ監督の選択は、致し方ないものである。指揮官が気に入った選手が出てくれば、昨日までレギュラーだった選手が控えに回ることは、サッカーに限らず、どのスポーツの世界でも起こり得ることだ。

 榎本はトルシエ監督の選択を受け入れはしたが、ワールドユースを意識して努力を続けてきた経緯もあり、納得はできなかった。

「自分なりにアピールしたんですが、ほとんどまともに勝負させてもらえなかった。そこに納得がいかなかったですね。その頃の僕はもう『試合に出たい』という気持ちしかなかった。マリノスでは出られないので、試合に出るチャンスは代表しかなかった。そこが唯一、自分が戦える場所だったんです。

 アジアユースではその居場所があったけど、ワールドユースではなくなってしまった。それで、どうせ試合に出られないのであれば、(日本に残って)能活さんの傍らで練習していたほうが、自分のためになると思ったんです。だから、クラブに『(代表を)辞退したい』と言ったんです」

 当然、クラブの答えは否であり、榎本の申し出は即座に却下された。

 それでも、榎本は引き下がらずにもう一度、「ダメですか?」と聞いたという。チャンスが与えられず、ナイジェリアに行くことに意味を見出せないと、あらためて説明した。しかし、クラブは「ダメだ。試合に出られなくても、(ワールドユースに)行ってくることが経験になるから」と、榎本の意思を突き返した。

「今なら、辞退とかそういう姿勢は代表にそぐわないですし、『そんな考えなら、代表に選ばれる価値ないよ』と言われても仕方がないですよね。でも当時は、若気の至りなのか、それでもいいと思っていた。人間的にぜんぜん成長できていなかったんです」

 結局、榎本はしぶしぶナイジェリアに行くことを承諾した。

 だが、気持ちの折り合いはつけられていなかった。

「モヤモヤして、苦しい状態のままナイジェリアに行ったんです」

 そんな気持ちのままで現地に行っても、気持ちよくプレーすることはもちろん、チームのために何かを考えることは難しい。実際、榎本のベクトルは大会が始まっても、チームに向かうことはなかった。日々の練習も、自分のことだけを考えて取り組んでいたという。

「練習では、自分が試合に出た時にやれるように普通にやっていました。でも、意識の中では代表ではなく、能活さん(のレベル)についていくために、マリノスでやっていたことの延長として考えていました。ここで、コンディションも、モチベーションも落とさず、少しでもうまくなってマリノスに帰ってやろうと思っていたんです」


大会中も自分のことだけを考えて練習に取り組んでいたという榎本。photo by Yanagawa Go

 そういう思いが強かったので、正GKの南、バックアップGKの曽ヶ端準ともほとんど会話をすることがなかった。

「(当時は)雄太とか同じGKに対して、メラメラしたもの持っていたと思います。一緒にやっていこうという姿勢を見せなかったですし、自分ひとりで悔しさを噛み締めていました。

 でも本当は、僕よりソガ(曽ヶ端)のほうがつらかったと思うんです。バックアップメンバーで、試合に関わることがまったくできないわけですから。それでも、練習では一番がんばっていた。

 第2GKの僕がこんなでしたから、雄太もソガも呆れていたと思うし、『ふざけんな』って思っていたでしょう。そう思われても仕方がなかったですね、僕の態度は」

 ネガティブな空気は、一緒にいれば、言わずとも伝わるものだ。

 榎本は、もともと人とつるむのがそれほど好きなタイプではなく、ナイジェリアでは自分の部屋に閉じこもっていることが多かった。基本的に外出は禁止されていたので、気分転換に散歩することもできなかった。

 みんなと一緒にDVDを見たり、ゲームをしたりするリラックスルームにも、ほとんど顔を出すことはなかった。メンバーとは普通に話をするが、積極的に交わることはなかった。当時はそれでいいと思っていたという。

「チームに対する忠誠心で言うと、みんなが『10』だとすれば、僕は『4』か『5』くらいでした。やっぱり前向きな気持ちでないと、自発的にみんなのいる場所には行かないし、行けないですよ。

 ベンチで試合を見ていて『負けろ』とは思わなかったですけど、勝っても負けてもどうでもよかった。普通に、ただメンバーとして、その場にいるっていう感じでした。

 これを聞いたら、当時のメンバーは『ふざけんな!』という気持ちになるでしょうね。みんなにはめちゃくちゃひどいことをしたなと思いますし、本当に『申し訳ない』って、すごく思っています」

 榎本は神妙な表情で、そう言った。

 彼の心は離れたままだったが、チームは勝ち進んでいった。そして、決勝まで駒を進めてスペインと対戦。最後は0−4で敗れた。

 大会が終わった時、榎本がこの大会から得たものは、他の選手たちとは違う、ちょっと異質なものだった――。

(つづく)

榎本達也
えのもと・たつや/1979年3月16日生まれ。東京都出身。FC東京普及部スタッフ。浦和学院高→横浜マリノス(現横浜F・マリノス)→ヴィッセル神戸→徳島ヴォルティス→栃木SC→FC東京