6月30日に中京競馬場で行われたCBC賞(G3・3歳上オープン・ハンデ・芝1200m)は1番人気のレッドアンシェル(牡5・栗東・庄野靖志)が中団から差し切り。モヤがかかる程の大雨の中、しっかり末脚を伸ばして嬉しい重賞初制覇を飾った。2着に最内を強襲した昨年の覇者アレスバローズ(牡7・栗東・角田晃一)、3着に2017年G1の高松宮記念を制したセイウンコウセイ(牡6・美浦・上原博之)が入り、中京コース実績のある馬が上位を占めた。

レース後、ジョッキーコメント
1着 レッドアンシェル
福永祐一騎手
「内から迫ってくる馬がいてなんとか凌いでくれという思いで追っていました。スタートが良かったですし大体イメージしたポジションでレースが出来ました。ただ雨が凄くて何も見えなくて外を回っていました。コンディションは前走より良く感じましたし、返し馬の感じも良かったです。重い馬場も苦にせず大変な馬場でも一生懸命走ってくれました。この後もこのカテゴリーでトップを目指して欲しいと思います」

2着 アレスバローズ
川田将雅騎手
「返し馬からこの馬場でもこなせそうな雰囲気がありましたし、その感触通りに競馬も走りきることが出来ましたので、とても良い内容だったと思います」

3着 セイウンコウセイ
幸英明騎手
「ゲートを出てゴチャゴチャするよりはと思いハナに行きました。最後は斤量を背負っていた分の差だと思います。緩い馬場でも僅差で良く頑張ってくれました。力があります」

4着 キョウワゼノビア
中井裕二騎手
「久々の1200mでしたが、連闘の効果もあり頑張ってくれました」

5着 ビップライブリー
和田竜二騎手
「道悪は上手でいい位置で運べました」

日曜福島6R新馬はアサクサキングス産駒のゴッドスターが制す!石橋「期待通り」

浜中俊「この馬場が…」

8着 アウィルアウェイ
浜中俊騎手
「道悪が響きました。それに尽きます…」

12着 ショウナンアンセム
藤岡康太騎手
「重馬場なのでスタートが良ければ前目でと思っていました。スタートが良く前でリズム良く運べましたが、3コーナー付近から走りがぎこちなくなり、リズムが悪くなって気持ちが切れたような感じでした」

 レース結果、詳細は下記のとおり。

 30日、中京競馬場で行われた11R・CBC賞(G3・3歳上オープン・ハンデ・芝1200m)で1番人気、福永祐一騎乗、レッドアンシェル(牡5・栗東・庄野靖志)が快勝した。クビ差の2着にアレスバローズ(牡7・栗東・角田晃一)、3着に2番人気のセイウンコウセイ(牡6・美浦・上原博之)が入った。勝ちタイムは1:09.8(不良)。

マンハッタンカフェ産駒 レッドアンシェル

 凄まじい雨の中行われたCBC賞は1番人気のレッドアンシェルが人気に応えた。モヤがかかる程の大雨の中、レッドアンシェルは中団外目で折り合いよく追走。直線では昨年の覇者、アレスバローズが最内を強襲して抜けだしたが外からレッドアンシェルがねじ伏せるように差し切り。レッドアンシェルは嬉しい重賞初制覇を飾った。

レッドアンシェル 15戦5勝
(牡5・栗東・庄野靖志)
父:マンハッタンカフェ
母:スタイルリスティック
母父:Storm Cat
馬主:東京ホースレーシング
生産者:ノーザンファーム

【全着順】
1着 レッドアンシェル
2着 アレスバローズ
3着 セイウンコウセイ
4着 キョウワゼノビア
5着 ビップライブリー
6着 グランドボヌール
7着 コパノディール
8着 アウィルアウェイ
9着 ラインスピリット
10着 ラベンダーヴァレイ
11着 メイショウケイメイ
12着 ショウナンアンセム
13着 タマモブリリアン